sakebara~酒と薔薇の日々~

sakebara~酒と薔薇の日々~

何だかもうホントにすいません。
こんなヤツですが。

キクチ。

Author:キクチ。
別名:
マリーだったり
西園寺薫子だったり
くんこだったり

最近、書いたこと。
暦。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

愛の言の葉。
ほぼ、意味ナシ。

一応カテゴリーらしい。

過去を振り返る。
繋がってます。
キャラクタ共有委員会。

オトモダチ。

オトモダチページへGO!

ウチの子。


ぺそぎん。
あわせて読むといい。

あわせて読みたいブログパーツ

優しさ感満載。

お世話になってます。

ネットサーフィンの鉄人


RSSフィード
Contador

------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20080903 Wed
9/7までやっている。 

9/7までやっている。 

暑いです・・・32℃って何。9月だよ・・・
洗濯物を干しても
掃除機をかけても

大汗ぶっかきまくりあがりDEATH。もーヤダ。

そうだ!家にいて電気代を気にするより外に出よう!
ガソリン代は少し安くなってるからだいじょぶ!!

・・・根本的なことは全然解決してないけどもさ。

とりあえずどっか涼しいところへっっ!!
銀行とかデパートとか!!(30年前の庶民の考え)

とゆーわけでは決してないんですが大事な大事な用事があって
久しぶりに「そごう」に行って参りました。
実は今、おらが街の「千葉そごう」では
ものすごい貴重なイベントを開催してるんですよ。
その貴重なイベントとは・・・『永遠のベルサイユのばら展』7日まで。


これはハズせないことよオトモダチ!!
だってワタクシ、別名「マリー」ですものおほほ。
肖像画。
by Yaminabe/おぶぎょうさま。

うーん、いつ見てもシュール。
やっぱし、このカッコで行かないとね「そごう」
暑くても、ジャージは基本。


平日の朝だし、そんなに混んでると思わないじゃないですか。
昨日の映画館のこともあるし。クラウザーさん。
だから、ゆっくりじっくり見て回れると思ってたんですが

・・・・・・甘かった。

さすがだ「べるばら」永遠の名はダテじゃない。
すごいの人がいっぱい。わらわら。
まーほとんど女性なんですが年齢層が半端じゃない。

へそ出したねーちゃんから
品の良いおばあちゃままでいらっしゃる。

中は、池田理代子大先生がお描きあそばした原画が
所狭しと展示されています。
ネームの下書きとか、ベタとか・・・
あちこちに修正液が見られる原画です。

・・・・・・うっとりしながら目頭が熱くなりました。

今でも、思い出すと愛蔵版を読み返していますが
泣きますねマジで。
そんなふうに、浸りながら眺めていたら
こんな声が聞こえたんです。

「わー!少女マンガみたーい!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・はい?

Once again, let's hear it.(もう一度、聞いてみましょう)

少女マンガみたーい!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。。。。(ノ><)ノヒィ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。。。。(ノ><)ノヒィ

バカかオマエわっっ!!

ギョッとして声の主の顔を見ちゃいましたよ!!Σ(゚Д゚ノ)ノ
何しに来たんだオマエ。

少女マンガだよベルバラだよ王道だよ!!ぜーぜー。
周りでは善良なご婦人方が
人知れず目頭を熱くしながら見入ってるとゆーのに!
→コレはホント。結構、ハンカチ出して目を押さえてた。

きっとコイツは『永遠のガラスの仮面展』とか
マヤちゃん怖い。
白泉社/美内すずえ



『永遠のエースをねらえ!展』とか
やっぱしお蝶夫人でしょう!
集英社/山本鈴美香



『永遠のキャンディ・キャンディ展』
思い出の場所は丘の上。
講談社/画:いがらしゆみこ、作:水木杏子

に行っても同じように言うに違いない。

「わー!少女マンガみたーい!」




来んな!!ていっ!(ノ-_-)ノ・・・~~┻━┻

今にも暴れ出す勢いのキクチが気を鎮める為に
握り拳を固めながら1・・2・・3・・と数字を数えていたら更に!

「何か目がおっきーい!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オマエ、そんなに若くないじゃん!!
アタシとそんなに変わんないじゃん!!


けーれ!!
ていっ!(ノ-_-)ノ・・・~~┻━┻




・・・・・・・・・・・・・・Σ┌| ゚o゚|┘ハッ・・・いかんいかん。

こんなお下品な言葉遣いをここでしたら
池田先生はきっとお嘆きになるに相違ない。

・・・・・・改めなければ。


・・・・・・・っつーか、あっち行け!!(この程度)


一応、順路が決まってるので
そいつが離れて行くまで、目頭を押さえつつしばし待機。
ふーやれやれ。


で、圧巻は・・一番、見たかったのはコレ。

文化服装学院の学生さんが作ったそうな。
原作をご存知のオトモダチにはわかりますね?
オスカルさまが生涯ただ一度お召しになったドレス。

フェルゼン伯とダンスをするシーンが
スクリーンで再現されてて、また泣いた(バカ)


出口には、記念グッズを販売してました。
ワインとか、紅茶とか・・・クリアファイルそして・・・Tシャツ。
オスカルさまが、薔薇をくわえてるイラストが
胸の部分にどどーんと!!
欲しいかも。

妹とお揃いで購入して、次回の飲み会
ジャージの下はベルばらTシャツ!!@オシャレ姉妹。

・・・・・・購入すべきだったろうか・・・・・・コレ↓も。




かかってきなさい。

スポンサーサイト

Tavern:sakebara

管理人のみ閲覧できます

from
このコメントは管理人のみ閲覧できます

natsu兄さん。

from キクチ
オスカルとラスカルは似ていますそっくりです。
キクチもそう思う。

兄さん好みのマンガの話だと
モーニングとかイブニング・・・?

・・・最近、そっち系読んでないからわかんないYO!!
・・・マンガはバカみたく読んでるのに@マガジン系。

こまわりクンは終わっちゃったのかな。




mako姐さん。

from キクチ
千葉はたまに気の利いた事をやってくれます。
ナイスそごう!
こんなことでもなければ行かないからねそごう。

オスカル様のお誕生日が12月25日ということは知ってたキクチですが
フェルゼンは知りませんでした9月4日。

ところで雪国は暑いんでしょうか。
千葉は未だ30度超えの日々です。
蝉もミンミン鳴いてます。

どーだうらやましいだろう。

おぶぎょうさま。

from キクチ
強烈なシーンって、いつまでも残りますよね。
私は、作者を覚えてないんですが小学生のときに読んだ
「恐怖の七日間」とゆー漫画が今でも怖いです。
内容もよく覚えてないんですが・・・蛇と監禁。
なんじゃそりゃ・・っつーわけでちょっと具具ってみたら
フランス書院のエロ小説にたどりついてしまいましたおほほ。
「恐怖新聞」も怖かったなー・・・☆じろう。

池田先生デザインの「水の館」
うっすら記憶にあります。何やら喧嘩してたよね。
で、結局あれは池田先生のデザインなんだろうか。
いろいろ見てみたけど謎。

from natsu
えーと、この手の分野に苦手なので
コメントは控えておりましたっと。
ごめん、この分野は駄目。
オスカルって言うと狸を思い出すのは
オスカルとラスカルを勘違いしてるからです。
駄目駄目だあね。

たしか・・・

from mako
フェルセンのお誕生日が4日だったかと…

いーなー千葉。。。
なんか、初めてうらやましくなっちまったゾっと( ̄◇ ̄;)ゞ

from ぶぎょう
べるばらー Tシャツ ぷれぜんとっ♪
ってなCMがありましたね。

生まれて初めて読んだ少女漫画が べるばら で
マリーアントワネットがギロチンで首切られて
市民のりーだーな人に とったどー って首を掲げられる
やつでした。怖くって しばらくの期間漫画がよめなく
なりました。 今でもこわいっす。
私にトラウマを残すほど強烈なシーンを描くなんて。。

あぁ 池田理代子先生ってすごい

追記:昔の記憶を辿り池田先生デザインのラブホテルってどうなったんだっけ 
とググッたところそれらしい記事を発見
http://blog.livedoor.jp/misyakichi/archives/50767227.html
勘違いでした。先生すみませn

welcome sakebara

ヒト言、言上仕る。
管理者にだけ表示を許可する

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。