sakebara~酒と薔薇の日々~

sakebara~酒と薔薇の日々~

何だかもうホントにすいません。
こんなヤツですが。

キクチ。

Author:キクチ。
別名:
マリーだったり
西園寺薫子だったり
くんこだったり

最近、書いたこと。
暦。

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

愛の言の葉。
ほぼ、意味ナシ。

一応カテゴリーらしい。

過去を振り返る。
繋がってます。
キャラクタ共有委員会。

オトモダチ。

オトモダチページへGO!

ウチの子。


ぺそぎん。
あわせて読むといい。

あわせて読みたいブログパーツ

優しさ感満載。

お世話になってます。

ネットサーフィンの鉄人


RSSフィード
Contador

------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20080624 Tue
術前報告。「びよきネタ」が嫌いな方は読まない方がいいですよ。 

術前報告。「びよきネタ」が嫌いな方は読まない方がいいですよ。 

昨日の夜はおかゆ。
そして今朝から絶賛絶食中の妹が
「お腹すいたー!」とメールして来たので「あーお腹いっぱい!!」
と返事を返した鬼姉・キクチです、こんばんは。

入院2日目。いよいよ明日が手術ということで
今日は事前準備に余念がありません。
いろいろね・・・剃ったりさ、強引に出したりさ・・・あー忙しい忙しい。
→妹が。

夕方、ヒマつぶしのマンガ本を届けに行って参りました。
本当は「病院の怪談」みたいのを貸したかったんですが
あいにくワタクシ、そのようなカテゴリーの本は持っておりません。
ならば、辛気臭い入院生活に笑いを提供しようかと思ったんですが
それはひょっとして、手術で腹を掻っ捌くので
笑うと縫ったところが痛い状態
になってからの方がより効果的じゃないかと考え(鬼)
比較的ヒューマンなジャンルを持って行きましたが
その中に、お紺ちゃん推薦の「ギョ」がある不思議。ヒューマン?
走るカジキマグロと戦車が?
カジキと戦車。
これこれっっ!!
・・・ヒューマン・・・まー細かいことは気にすんな。

そして、どっからみても
こんな頑丈そうな入院患者がいるかよオイ?!感満載の妹は
「お腹すいた」という台詞を少なくとも10回は言ったように思います。
うっせーよ。

今日から、約3日間絶食だそーで。
「これで痩せなかったら怒るよアタシは!」と言ってました。
うん、ホントにそーだよね。でも誰に対して怒るかは謎。

同室の方々は、皆さん同年代で同じように婦人科の手術を
明日、行うんで漏れなく絶食中。
腹を空かせたご婦人達がそこかしこに。

今日、そのうちの一人とお会いして挨拶したんですけどね。
何と!千葉ではちょいと有名な造り酒屋の娘さんだイエー!!!!
「ぜぜぜ是非お友達に!!」とお願いしてしまいました(初対面)
妹は抜かりなく、メアド交換したそうです。よしよし。
退院したら買いに行くぜ!!


ところで。
妹の病名は「子宮筋腫」の他に「子宮腺筋症」というびよき。
これはあまりなじみの無い病名です。
説明をココにウダウダ書くのもどうかと思うので
興味のある方はコチラ→「子宮腺筋症」

その、悪い部位だけを取り除く核出手術もあるそうですが
説明にもあるように、なかなか難しいらしい。
取り除けない部分があると、そこから再発する可能性もある
ということなので、妹は医師からの説明後に
「子宮全摘」の道を選びました・・・えーっと・・一瞬の迷いも無く。

母はショックだったみたいですが
十何年も重い生理痛で苦しんでいる妹を知っている姉としては
それが最良の決断だと思っています。
もちろん、一番近くで見ている義弟もね。

明日は朝9時、25日手術エントリー1番で、妹は手術室に入ります。
家族は8時までに来てくださいっつーことなんで行って来るよ。

手術前や手術そのものより、術後が大変らしいのでちょっと心配。
麻酔科の先生に説明されたんだけど、想像しただけで痛いんですよ。
明日と明後日は、動けません。
そして後ろから前からチューブがいっぱいくっつくとか。ひー。

なので明日以降2~3日・・・
コレを書けても非常に痛そうな内容になると思われます。
っつかね、そんな状態の妹をネタにするのもどうかと思うのさ
・・・人として。や、マジで。

でも、当の妹から
「入院中はケータイで読むからね!アタシを心配してる振りして
     ブログをサボらないように。
        病名も全部ぶっちゃけて構わないから書きなさいよ!」
と言われたので、心優しい姉のガラスハートが砕けなければ
術後報告をするつもりです。

・・・ナマヌルクおつきあいいただければコレ幸い。

スポンサーサイト

Tavern:sakebara

mako姐さん。

from キクチ
おかげさまで滞りなく終了いたしました。
お気遣い、ありがとうございます。

麻酔が完全に切れるのは夜になってからじゃないかと思われますが
空腹よりも痛みに耐えられるかどうか不安です。

基本、漢前な妹が、血の気が失せた真っ白い顔で
手術室から出てきたときはこの鬼姉、ガラスハートが砕けそうでした。

明日の夕方あたり「腹減ったー!」が聞ければ良いんですが。
暴れ出す気力が戻って来る事を「今は」祈っています。
でも、しばらくして「メシが足りん!」とか言い出すほどに回復したら
うっせーよ!と一喝するに5000点。

ろぷさん@じゃあ「母音」はどうだろう。

from キクチ
手術は無事終了し、人生最後のセリフにならずに済みました。
あー良かった良かった。

以前・・3月初旬の点滴報告もそうなんですが
キクチにとってこのブログは基本「日常報告」でもあるんで
自分自身や関わる人間に起こったことを書かずして成立しないわけです。
たとえ「非常識だ」と言われても。

なので、ろぷさんのように「ナイス」と言われれば
今、管であちこちに繋がれている妹も本望でしょう。
生きること、すなわち是、日々ネタであると。
マジでか。ちょっとイヤだな。

ぼいん先生は、術着でもぼいんでした。そして美人。
ちょっと反則じゃないかと思いました。
麻酔科医も女性で、やっぱし美人・・・人生って不公平。

おぶぎょうさま。

from キクチ
最初に、お母様のこと。
病院の検査ミスで発見が遅かったとは残念です。
おぶぎょうさまやご家族の悔しさを思うと胸が痛みます。
病気は、本人がもちろん一番苦しいのですが
見守る家族も同様に苦しみますよね。

以前、納骨ができないでいる・・とおっしゃっていたおぶぎょうさまのお気持ちを
本当の意味で理解できたような気がします。

どんな場合でも、全摘出が最良の方法とは言い切れませんが
今回の手術は、もし私がその立場におかれても
やっぱし同じ決断をしたと思います。

もうそろそろ・・・

from mako
麻酔も切れた頃でしょうか・・・

もちろん滞りなく生還されたことと、信じて疑っておりませんが、
漢前な妹様のことですから、
「腹減ったー」
と暴れださずに止め置けるか(・・?

心優しい姉に掛かっているかと思うと・・・ちと不安( ̄▽ ̄;)ゞ


ところで、造り酒屋の娘とな(@_@;)
なんと、うらやましいめぐり合わせ。

もう、樽出し飲ませてもらうっきゃないね、コリャw
いーなぁ(^¬^*)

from ろぷ@でも「拇印」は好きじゃない
 い、妹殿の最後のセリフ(って縁起わるいことばスマソ。「記事の最後の」って意味ね)に感涙の嵐ッス。
 すげーよ妹殿。そのネタに賭ける執念は笑いの本場大阪でも通用するかもしれないッスよ。ここにネタの鬼を見た。不覚にもちょこっとフォーリンラブ。

  追伸:
 ぼいん情報キボンヌ。

from ぶぎょう
私の母は胃癌でした。
60歳のときに一度部分摘出して安心していたのですが
5年後に再発 検査した病院のミスで発見が遅くなり
亡くなりました。 
今思えば、全摘出を選んでいたら今頃67の母と一緒に
暮らせていたのかと思うと残念でなりません。

キクチさんの妹さんは勇敢ですね。

welcome sakebara

ヒト言、言上仕る。
管理者にだけ表示を許可する

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。