sakebara~酒と薔薇の日々~

sakebara~酒と薔薇の日々~

何だかもうホントにすいません。
こんなヤツですが。

キクチ。

Author:キクチ。
別名:
マリーだったり
西園寺薫子だったり
くんこだったり

最近、書いたこと。
暦。

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

愛の言の葉。
ほぼ、意味ナシ。

一応カテゴリーらしい。

過去を振り返る。
繋がってます。
キャラクタ共有委員会。

オトモダチ。

オトモダチページへGO!

ウチの子。


ぺそぎん。
あわせて読むといい。

あわせて読みたいブログパーツ

優しさ感満載。

お世話になってます。

ネットサーフィンの鉄人


RSSフィード
Contador

------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20080612 Thu
最初で最後の「鼻からスイカ」 

最初で最後の「鼻からスイカ」 

*6/13 追記アリ。ずずいっと下へスクロールだイエー!


記憶が確かなら、前夜11日はGが大勝したんですベイに。
だから嬉しくて、ちょこっとだけビールを飲みました。
しばらくお酒の類を口にしていない時期だったので
ほんの少しでも、かーなりいい気分だったと思われます。

そしてベッドに入り、ん?・・とか思いつつ寝入ったんではないかと。

コトが起こったのは午前3時・・たぶんジャスト。
ものすごくお腹が痛くなって、重い身体を揺すりながら
トイレに駆け込みました。

コレは・・・下痢?ただの下痢?それとも・・・
・・・・・・わっかんねーよ!!ていっ!(ノ-_-)ノ・・・~~┻━┻

さて、突然ですが問題です。コレは何でしょう?
コレ見たら痛みが蘇ってきた。



本日の千葉は、朝から雨でございました。わー梅雨っぽーい。
しかしながら、今日は雨の中11時から行動を開始して
既にヘロヘロなキクチです、こんばんは。


で、前述のメモ・・っつか走り書き。
先日、ちょこっと片付けをしていたら出てきた3冊のノートの中に
挟んであったものです。


答え:「陣痛の間隔メモ」

いやーもーこの乱れっぷりは尋常じゃないですね。
っつか、尋常じゃない痛みですからしょーがないんです。

そんなわけで。
人生最大の痛みと闘った12年前の1996年6月12日。
それまで、自分のためだけに生きてきた私が
自分以外の人のために生きなければならなくなった日です・・・

・・・・・・訂正。

この後、数年間だけ続く、自己犠牲の日々始まりの日。わお。

息子が生まれる予定の日は6月13日でした。
でもヤツはお腹の中で、いーい感じに育っていたらしく
5月のGW明けの検診で、産婦人科の先生に
「もう、いつ出てきても大丈夫だよ」と太鼓判を押されてたんですよ。
でも、その後一ヶ月、更にデカくなっても出てきやしねー。
よほど、居心地が良かったんであろうの腹ん中。

だけど、いい加減飽きたのか腹ん中も(B型)
一日早く、行動に出てきたぜ(文字通り)べイべー。

その頃も我家は、夫婦の寝室が一階と二階という
まー細かいことは気にすんなって状態だったので
わざわざ二階で寝てるダンナを起こすのもめんどくさい・・・っつか
痛くてそれどころじゃなかったわけです。

実際の問題として、そこにダンナがいたとしても
この痛みが和らぐはずがない・・・と判断し
ベッドとトイレを往復しつつ、迫り来る恐怖に一人で耐えていました。
恐怖って・・・いや、恐怖でしょう。
「ココで出ちゃったらどーしよう」とかね。
「マジで生まれんのかよ!と思った」と
後の日記に記してあります。や、冗談では無いのだキクチよ。

6時過ぎ、ダンナが「行って来るね」とドアを開けたとき
そこにはアブラ汗を浮かべつつ転げまわってる妻がいました。

「ど、どうしたの?!」←ホントに言った。

どうしたのってアンタ!
アタシ妊婦!出産予定日明日!でも腹痛い!しかも尋常じゃねえ!

・・・昨日、食べたものも忘れるくらいなのに
12年前の出来事を克明に覚えてるってすごいよね。

8時過ぎに病院に到着して内診したとき
「4センチ開いてますねー」って言われました。
4センチ・・・4センチって・・・ひー。それなのに!
「6センチ開いたら分娩台に行きますからねー」ってオイ。

なんつーの?お腹ん中で「生き物」が暴れてんの。
「もー飽きた!狭いし出る!っつーか出せ!」みたいな。

じゃースルっと出りゃあいいのに、これがまた・・・出ねえ。

10時半に分娩台に上がって、苦闘2時間。
途中、意識がふっとなくなりかけると、看護師さんにビンタされてさ。
イキむのがヘタで、なかなか出てこないんで
「もーヤダ・・・お腹切って・・・」ってナキゴト数回・・そのたびに
「アナタも苦しいだろうけど、赤ちゃんはもっと苦しいのよ!」と
怒鳴られること数回。なんつーヘタレっぷり。

0時23分・・・やっと出てきて対面したときは
感動とか感涙とか喜び爆発!!・・ではなく
「お互い頑張ったね~・・お疲れ~~!」でした。

でも、良く見ると顔が傷だらけで・・・ローラ?(違います擦過傷です)
要は「出たり入ったり(どこをっ!)してた」から、こすれたわけだ。
・・・生まれながらに傷ついてる息子。
・・・これからの人生を暗示するかのようですよ。可哀想に。

母が、後産でもっかい絶叫してる間にキレイに洗ってもらった息子。
それは、3535グラム、51.5センチの・・・ダンナでした。
あまりにそっくりで、ダンナ生んじゃったのかと思ったYO!!

そんで、その週にそこの病院で生まれたどの子よりも
デカかったらしいです・・・みんな2500くらいなのね。
赤ちゃんの1キロって、すごい差です。一回り違う。

・・・どーやって入ってたんだ腹ん中に。折り畳んでた?
・・・さぞかし狭かったであろうの。

だけどね、初産で陣痛開始から10時間弱
分娩台上がって2時間で出産は早い方だって言われました。
でも、助産婦さんに
「安産体操を真面目にやってたらあと1時間は早かったわよ!」と
後でお叱りを受けました・・・怒られてばっかだぜ。ひー。


まーそんなこんなで12年。
幸運なことに、おっきい怪我も病気も無く12年。
本日、息子12歳になりました。
よくぞ五体満足でココまで・・・母ホロリだえー。

毎年、近くに住む義父母を呼んでお祝いするんですよ。
5月末の義父お誕生日+息子の誕生日+父の日・・・
全部まとめてお祝いだぜイエー!!(まとめ過ぎ)

朝っぱらさー・・・一生懸命掃除してさー・・・
(床にとっ散らかってるものを見えない所に押し込んだ・・とも言う)
朝っぱら酒屋さん行ってさー・・・大吟醸一升瓶買ってさー・・
(結構恥ずかしいよね朝イチで買う一升瓶)

実は今日は、キクチのおばあちゃんの86回目の誕生日でもあるんで
一升瓶を抱えたその足でお花屋さん行って、花かご作ってもらい
お昼頃、施設から外出許可を取ってランチしてきました。

うん、まだまだ生きる予感満載だばーちゃん。

その後、大量に買物をしてケーキを買おうとしたところでケータイが。
「薫子さんごめんなさいねー今日はお父さんが出かけるのよ」
義母からでした。
義父、仕事関係のパーティーで夜、外出。

お食事会は明日に延期。わーめんどくせー。


こんなふうに、すっかりやる気を失くしてしまった夕方。
塾から帰ってきた息子と、ウダウダな母の会話。

「今日さー、おじいちゃん用事があるから来られないんだって
                       だからお誕生会は明日ね」
「・・・・・・そっかー・・わかった」
「つきましては、今日の献立は明日に繰越したいんだよ・・ケーキも」
「・・・・・・うんわかった、いいよ」

Σ(゚Д゚ノ)ノ・・・何この聞き分けの良さ。さすが12歳。
オトナの階段を一段上っちゃった模様よ?

「今日、何食べる?」
「別に何でもいい」
「じゃーふりかけ
「ええ~~~?」

そりゃイヤだよね誕生日にふりかけゴハン。
そりゃダメだよ。いくらなんでもかわいそ過ぎる。

「わかった!じゃあ今日はピザにしても良くってよ?」(大威張り)
「わーい!やったあ!!」

ふっ・・・ピザごときで大喜び。
カラダはデカいけどまだまだコドモだな貴様(コドモです12歳です)

丸くてもいい。ヲタクでもいい。勉強できなくても運動オンチでもいい。
空気が読めないとか人の話聞かないとか自己中だとか・・・

そんなのは些細なことです(・・・そうか?結構イヤだぞ?)

少なくとも、挫折を他人のせいにしないヤツに
理不尽を世の中のせいにしないヤツに育っていただきたい。

そして

母以外の大勢の人たちから与えられるたくさんの愛情を糧に
これからも遠慮なくがんがんデカくなるがいいよ・・・

・・・・・・・・・できれば縦にな・・・横じゃなく(小声)


6/13追記

お友達の「おぶぎょうさま」から奪い取って参りました。
タイトル:『12年前のキクチさん』
再現:12年前のキクチ家。
by Yaminabe/おぶぎょうさま。

そっくり!(特にダンナの体型が)

おぶぎょうさまありがと!m(_ _)m  

スポンサーサイト

Tavern:sakebara

mako姐さん。

from キクチ
緩んだのかどうか定かではありませんが
二番目は多少・・多少は!楽だと良く聞きます。
因みにウチの母。
長女3900gを逆子のため帝王切開・・3年後、次女4100gは自然分娩だったそーだ。
つるっと出たらしい。

ステキな作品を強奪して、キクチ満足です。
文章は「うっひゃー」だか「どっひゃー」らしいです。
→おぶぎょうさま談。

いやぁ

from mako
初産で3500越えは、大変でしたねぇm(__)m

うちのは3342と3712、むすのほーがでかかったんだけど、
早かった・・・緩んだのか(・・?

ちなみに退院時の体重は完全に逆転してたな奴ら(^.^)


PS、おぶぎょうさま
隠れた文章が・・・うけたO(≧∇≦)Oぎゃはははは~!!

おやいさん@くろぱんだん。

from キクチ
そう!そうなの13日だったら、生涯何回「ジェイソンの日ばーすでー」だったか。
まーそれはそれで面白い・・っけど、息子の年代だと「13日の金曜日」を知らないんじゃ・・・
今、ここに本人がいるので聞いてみました。

母「ねー、13日の金曜日って知ってる?」
息子「何?父の日?」

・・・両方違います。il||li _| ̄|〇 il||li

私は妊娠が判明した時点で男の子だと確信していたので
男の名前しか考えませんでした。
だから、コピーだかソナーだかトナーだかエコーで、ほぼ確定したときは大威張り。
だけどダンナは「もしかしたらってこともあるし・・」と女の子の名前を一生懸命考えてました。
何この意思疎通の無さ。

妹んとこは、ずっと女の子って言われてて、一週間前の検診でも女の子って言われたのに
出てきたら男の子で大騒ぎでした。全然、名前を考えてなかったんで@男の子。

そっか・・おやいさんちの漢らしいお嬢さんは権平だったかもしれないんだ。
・・・良かった女の子で。

from おやい@くろぱんだ団
うちの上のは、え~っとなんだあのコピーじゃなくってトナーじゃなくってソナーでもなくって、
そうそうエコーか、それで見て医者が「男の子さんですね」って言ったんだけど、
おいらが「女じゃないとやだ」って言って女の子の名前しか考えてなかったので、
奥様生むまでかなりプレッシャー感じてたみたい。

で、生まれたら「女の子」。どうやらちんちんを落としてきたらしい。

で、育ったらこれが奥さん笑っちゃうじゃありませんか、立派な男になりましたよ。

 ちなみに医者の言うとおり男の子だったら名前『権平』にしとけっていってた。

息子さん誕生日おめでとう。13日の金曜日だけど。

ろぷさん@生まれる前から・・・

from キクチ
分娩室の外で待機してた妹いわく
「何かお姉さん、怒られてたよね」・・・はい、怒られっぱなしDEATH。
気絶っていうのかな・・寝そうになるの痛いのに。
変だよね、神経集中してるはずなのに眠くなるって。
・・・あまりの痛みに現実逃避ちっく。この頃からヘタレ。

分娩台ドキュメントをお送りしたいくらいだよホントは。
だって覚えてるからね・・・12年も経ってんのに。

ダンナ立会いは、キクチ的には論外でした。
聞かれたけど「どうしますか?」って。「ナシの方向で」(即答)
だって分娩室でヽ(□ ̄ヽ))...((ノ ̄□)ノ あぅあぅ・・・しそうだもん。邪魔。

ろぷさんも3500オーバー。
・・・0歳からのDV?じゃあウチの息子もだ。そりゃあもう、ちょーDV。
・・・でも、出てきたのは予定日一日前なんで
引きこもりでは、無い。<( ̄┏Д┓ ̄)>えっへん!

とっさん。

from キクチ
下痢のように生まれたとっさん・・・ゴメンお茶噴出した!!ぷー。
あーでも、書かなかったけど「いよいよ出産!」なときに浣腸する場合もあるらしいよ?
私は夜中に出すモン全部(赤子以外)出しちゃったちっくだったんでnot浣腸でしたが。

出産のときの夫・・・まあ、妻にもよるだろうけど、アタシは邪魔だった。
優しいからねダンナ・・・ホントにおろおろしてて
ヽ(□ ̄ヽ))...((ノ ̄□)ノ あぅあぅ・・・←こんな感じ。
「オレ、どうしたらいい?」って言われてもアタシがどうしていいかわかんないのに
指示待ちすな!!ていっ!(ノ-_-)ノ・・・~~┻━┻

腰をね、揉んでもらってたの痛いとき。
それで少しだけ楽になるからありがたかったんだけど
一瞬、陣痛が治まったときに揉まれると痛いわけよ。
「いたーい!!触るな~~~!」とか言ってました。わーさいてー。

禍根を残さないためのアドバイス→下僕になりきる。

daruruさん。

from キクチ
メッセージ、ありがとございます!

・・って何?陣痛くる前に切った!!しかもスパっと?!
・・・・・・いいなー・・・(小声)
『鼻からスイカ』は、しなくていいなら経験しないほうがいいですよ。
だってホントに・・・鼻からスイカだから。出したことないけど。

今はどうか知らないけど、私が妊婦の頃はすごく体重制限が厳しかったです。
3000g超えだと、生むのが大変だからかなー?
そんなの全然気にしないで巨大化してたよ・・・
母子手帳に「体重制限」の赤いハンコをばんばん押されても
腹ん中でがんがん育てちゃいました私。テヘ(* ̄ー ̄)>

そう!隣で寝てる赤子とサイズが全然違いました。笑えるほどに。
何このデカい生物は?って感じ。
・・・可愛いんだよダントツだよ類稀なる可愛さだったよ・・・あの頃は(小声)

永岡さん。

from キクチ
お祝いのメッセージ、ありがとうございます。

「誕生日は、おめでとうではなくありがとうなのよ?」
母から言われたのは17歳の誕生日のときでした。
「健康な身体に生んでくれたお母さんに感謝しなさい」と、大威張りで言われました。
そのときはオイオイ?と思いましたが、年齢を重ね、結婚して人の親になってから毎年
息子の誕生日と自分の誕生日にはこの言葉を思い出し
その通りだよなーと実感します・・遅ればせながら。

日々、感謝の気持ちを忘れずに生きてくれというのは無理なので(自分自身にも無理なので)
母の日や父の日や敬老の日ではなく誕生日・・せめて誕生日だけでも
ありがとうという気持ちを持ってもらいたいと、2年前から息子には言っています。大威張りで。
→理解しているかどうかは甚だ疑問ですが
 言い続けることに意味があると信じています。

蓄えられた愛情・・その他諸々。
そういう目に見えないものをきちんと、正しい形で
別の誰かに譲り渡せるような人間になってもらいたいものです本当に。

natsu兄さん。

from キクチ
下痢の記録・・・そんな記録はイヤだ・・っつか
こんなに出たら死にそうな気がする・・・脱水で。
『4:46 うごく』はね、それまでになく「ごりゅ」って動いたんだよ。ひー。
お腹を見たら、中で移動してんのがはっきりわかるくらいに。
ホントに狭かったんだろうな。

兄さんもデカかったんだ・・でも安産か・・親孝行息子。
キクチは3900g・・・
二昼夜苦しんだ末に帝王切開だと聞いてます。親不孝娘。
因みに妹は4100g。ナニモノだよ。
母の身長は150センチ弱。
ものごっそ折りたたまれてた感満載。
だからなのか、妹は未だに「閉所恐怖症」です。トラウマ。

・・・そーいえば兄さんは明日だねっ!!

お紺ちゃん。

from キクチ
いつもね・・こんな会話なんですよ。
母「今日さー・・何食べる~?」
息子「肉」・・・・あそ。
肉以外の選択肢が、ほぼ無い。故に丸いのだ息子よ。

珍しく「何でもいい」と言ったんで「のりたま」を差し出してみたんですが
ダメだったでしょうか・・・ダメですねダメですよ。誕生日にふりかけ。
・・・や、ピザ注文したよLサイズ!!<( ̄┏Д┓ ̄)>えっへん!

10歳の誕生日から息子には
「誕生日は『おめでとう』じゃなく『ありがとう』の日である」と言っています。
「ここまで育ててくれてありがとうと、お母さんに感謝するがいい」ってね。
お母さんだけじゃなくって、オマエに関わるすべての人にありがとうの日であると。

たぶん、一緒に祝うのはあと何回もないんじゃないかと思うの。
だから今のうちに刷り込んでおかねばなりませんよっ!!
感謝の気持ちを忘れずにねっ!!←オマエもな・・と母に言われそうだ。

陣痛メモ。よく残ってたと自分でもびっくりです。たいていのモノは失くすのに。
うーん・・ホントにダイイングメッセージちっく。
・・・「はんにんは やす」←何か懐かしい!
今だから思えることだけど、痛みがおさまったときに書けばいいんだよ。
だけど、痛いのキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! ってときに書くからあんな字に。

ダンナの「ど、どうしたの?」は自分で書いてても笑いました。
このオトコ、何年経っても同じだよなーとか・・改めて思ったよ。
のんきってゆーか、状況の把握ができない。
今も続行中・・・そして息子も同じ。恐るべしDNA。

from ろぷ@天性の素質
 出産のときってハンパなく修羅場なんですね。ビンタしたりとかするんだ……。んまぁそりゃそうですよね。意識を失ったりしたら二人ぶんの命がどうにかなっちゃうわけなんだから。そうかぁ、気絶も許されないくらい厳しいんだなとかいろいろ考えてしまいました。
 立合ったダンナさんが貧血で倒れたりするってよく聞くけれど、なんとなくわかる気がする。


 そういう僕も三千五百オーバーでママンのおなかをガスガス蹴っていたらしい。0歳からのDV。しかも予定日を大きくオーバーしていたらしい。0歳からの引きこもり。

from とっさん
おいらはおにーたまの後に生まれてきた故わりとすんなりでてきたちっく。
そりゃあもうさながら下痢のように。
さすがにひどい表現だ、「下痢のように」。
でも「出産は大いなる排泄」とかいいますし。

出産のときは妻に優しく。
でなきゃ後に禍根が残るφ(@_@)メモメモ

おめでとうございます

from 永岡ともよし
こんばんは、永岡です。

本文の下から3段目は重要だと思います。
どんな人でも自分で作り出せる物なんて
高が知れているのではないでしょうか。

色々な人たちから沢山受け取っているから
別の誰かに譲り渡せる物も種類が豊富になる
そんな風に感じながら私は日々暮らしています。

過ちを犯して厳しく叱られたり
僅かな気配りに厚い感謝をもらったりして
自分の中に少しずつ蓄えが増えていきます。
積み重ねられる毎日が本当に幸せです。

今日は12歳を意識して先輩風に書いてみました。
キクチさんに読まれるのは恥ずかしいですが
もう1人育てると思って優しくお願いします。

from daruru
息子ちゃん、お誕生日おめでとうございます^ ^

わたくし、子を2人産んでますが、
どちらも陣痛くる前にスパっと切っちゃったので
『鼻からスイカ』は経験してません^ ^;

私、普通だと思ってたんだけど、
新生児3000g超えは大きいんですよね。
うちはふたりとも3300前後で、
よその子は2000g台…
なんか隣で寝てる赤ちゃんとあきらかに大きさが
違ってたわ…
でも、どの赤ちゃんと比べても
ダントツで可愛かったのよ~^ ^

from natsu
最初のメモが『下痢の記録』かとおもって
どきどきしちゃいました。
『4:46 うごく』って
なにが?なにが?

ちなみに私も3500gオーバー。
安産だったらしいですが
男には一生わからないですね。

ふりかけ!?

from お紺
ふりかけって!
誕生日にふりかけって!

少なくともふりかけは「食べる」という単語と一緒には出てこないぞフツウ!
……キクチさんのそうゆうとこ好きだけども。

息子さんのお誕生日おめでとうございま~す!

自分が生まれて今日まで育つためにまわりの人がどれだけ心を砕いてくれたか、私はこの歳になってやっと分かりました。
息子さんもいつかしみじみと思う日が来るんだろうな~そういうことを。

すごいですね陣痛メモ。
何かこう……すいません不謹慎なんですが、見た瞬間、誰のダイイングメッセージかと思いました。


>「ど、どうしたの?!」

更にすいません、場面が目に浮かんで笑ってしまいました。
男の人ってこういうとこ、妙にのんきな部分あるよね。

welcome sakebara

ヒト言、言上仕る。
管理者にだけ表示を許可する

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。