sakebara~酒と薔薇の日々~

sakebara~酒と薔薇の日々~

何だかもうホントにすいません。
こんなヤツですが。

キクチ。

Author:キクチ。
別名:
マリーだったり
西園寺薫子だったり
くんこだったり

最近、書いたこと。
暦。

12 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

愛の言の葉。
ほぼ、意味ナシ。

一応カテゴリーらしい。

過去を振り返る。
繋がってます。
キャラクタ共有委員会。

オトモダチ。

オトモダチページへGO!

ウチの子。


ぺそぎん。
あわせて読むといい。

あわせて読みたいブログパーツ

優しさ感満載。

お世話になってます。

ネットサーフィンの鉄人


RSSフィード
Contador

------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20080609 Mon
薄皮が一枚、むけた感じよ?っつか、こんな時間に何やってんだ。 

薄皮が一枚、むけた感じよ?っつか、こんな時間に何やってんだ。 

独身時代、酒とエステにお給料のほとんどをつぎ込んでました。
時代はバブルの真っ只中(わー年齢バレバレー)

仕事は、すんげー忙しかったです。
残業100時間とかザラだったし。
5時過ぎると「夜の部開始」みたいな勢いで
ほとんど家でゴハンを食べませんでした。
会社で店屋物とか、終わった後に飲み屋とか・・9時過ぎに。

職場の近くにあった小さな居酒屋。
おばちゃんが二人でやってるお店でした。
そこに「ただいまー」って入ってってました週に3回は。

それでも太らなかった若さを懐かしく思います。
現在、水を飲んでも太るって何だ。

だけど、そんな生活なのでお肌は荒れ荒れ。
化粧を落とすか落とさないかのうちに自分が落ちてりゃー
それも無理ないハナシです(言い訳)

なので、早く帰れる日はエステの日。
10分間の泥パックの間、爆睡してましたねー・・・くーくー寝てた。
顔の他に「デコルテ」のケアもしてもらってたんで
マジ寝しちゃうんですよ・・・マッサージが気持ち良くて。

で、終わって帰るときは、もう化粧したくないわけ。
せっかくキレイにクレンジングしてもらったのに
また塗るのイヤじゃんウチ帰るだけなのに。
とゆーわけで、すっぴんでバスに乗ってました。
おでこ、テカテカに光らせてね。てへ(* ̄ー ̄)>

あの頃の若さに乾杯!!

・・・あれから10年・・・←わー計算合わねー。完敗。
エステどころか、美容院にすら2ヶ月も行ってませんよ!
あまりにもひどいんじゃないでしょうか。これではいけません。

とゆーわけで、床屋さんに行ってきました床屋。美容院ではなく。
もちろん、エステでも無いそんな金は無い。

以前は、3ヶ月に一回くらいの割合でやってもらってたんです「顔そり」
顔の産毛をね、キレイにしてもらうのよん。
ほっとけば、眉毛が繋がっちゃう勢いですよ!by両さんin葛飾。

っつーか、フツーは自分で剃るの?・・・Σ┌| ゚o゚|┘ハッ
もしかして、世の女子はmy剃刀とかあんの?
・・・無理。自分でやったら、鉄板で流血騒ぎに5000点。
美容院では剃ってもらえないからね顔。
まさか・・・みんなエステとか行っちゃってる?ひー。

わたくし、いつもは友達の実家の床屋さんに行くんです。
彼女のお母様はこの道40年以上のゴッドハンドの持ち主!!
顔そり後のマッサージがまた、すうっげー気持ち良くって大好き!
もーとぅるっとぅる・・・だけど今回は・・・

ダンナが行ってる床屋さんだイエー!!v(≧∇≦)v イエ~イ♪

土曜日の仲良し夫婦の会話。

「俺、明日床屋行くんだけど・・・」
「はいどーぞ、行ってらっしゃいませご主人様」
「薫子も一緒に行く?」
「はい?」

なんですと?
一緒に床屋に行くかですと?

なーにが楽しくてアンタの散髪にアタシが?
日曜日はゆっくりするのよ主婦は・・・いつもゆっくりしてるけど。

「顔そり、やりたいって言ってたじゃん、最近行ってないんでしょ」

・・・どーしたんだいきなり。何を企んでるんだダンナ?

わたくし、休日に男子チームと出かけることがほとんどありません。
やきう観戦にマリスタまで送って行くときくらいで
それが無ければ、冗談じゃなく一歩も外に出ないのがお約束。

だけど・・・顔そりかー・・・やりたいなー・・・
まーヒマだし・・・天気も悪そーだし・・・

「行ってあげても良くってよ?」@鳥瞰中。

で、行って参りました片道40分と高速代¥1000かけて床屋に。
→どんだけ遠いんだよまったく。

何しろ、店舗兼自宅のフツーの床屋さんですから。
イマドキの、オサレ床屋じゃないですから。
右にダンナ、左に知らないおっちゃん。

何なのこの位置。

おっちゃん、パーマあててるし・・カーラー巻き巻きだし。
ダンナはダンナでマスターに
「最近、薄くなってきちゃって・・・」とか言ってるし。

言わせてもらうけど、最近じゃねーぞ。もーずいぶん前からだ。
自分の準備ができるまで見てたけど・・・

切るとこ、ねーじゃんダンナ。かわいそ。

だけど顔そり代金¥3000払ってもらう気満々だったんで
終わった後「さっぱりしたねー」とか言ってみた。
befor-after全然わかんないけど、とりあえず褒めてみた。
ふーやれやれ。

浮いたぜ¥3000!!v(≧∇≦)v イエ~イ♪

そのうちまた、くっついて行こうと思いました。
キミが払ってくれるなら、僕は悪にでもなる。


追記
キクチ、ろぷさん主催の「キャラクタ共有委員会」に参加しています。
ココにその記事を書いても良いんですが
どーしても使いたいテンプレがあったので、別館にしてみました。
FC2にする前・・去年の12月まで使っていたlivedoorのブログです。

興味のある方はコチラ→「闇薔薇」

スポンサーサイト

Tavern:sakebara

烏龍クン。

from キクチ
すげー!!ママンにやってもらってんの?
→それともダディ?
しかも眉毛までっ!!そしてプロ仕上げ。
いろんな意味ですげー!うらやましいなオイ。

ついでだからマッサージもしてもらうがいいよ。
お肌、とぅるっとぅる。

・・・別にやらなくてもとぅるっとぅるか。( ̄ヘ ̄*)チッ

natsu兄さん。

from キクチ
バブルの時代も今は昔・・・
あの頃は世の中が狂ってました・・・が!
あの頃を知っている人間としては、今ってちょっと可哀想だなと思います。
仕事した分だけ、ちゃんと報酬があったしねー。

15分床屋なんてあるんだ・・・¥1000床屋なら知ってる。
キクチは髪が多いんで15分じゃ半分しか切れないに違いないので更に倍。

気持ち的にオトコマエを目指してますが・・目指してんのか。
床屋さんに行くのは勇気が要りますよ。
隣に、おっちゃんが座ってたりしたら尚更さ。
でもまた行くぞ顔そりに。止められん。

ウチの息子は最近、やっと顔そりが大丈夫になった模様。
切られたことは・・・たぶん無いな。

mako姐さん@女子はmy剃刀かっ!

from キクチ
うう・・でも絶対にできんよあたしゃ。
まあ、3ヶ月か半年に一回だったらちょっと贅沢してもいいかなと。
プロ仕上げは捨てがたし。

ただ、剃りたてって何気に痒いのね。
服とか、直接触れてる感じがしてイヤだよ。

from ぬるい烏龍茶
僕は親がやってくれますね。
だってうまいんだもん。家の親。
眉そってもらっても
店でやったのと同じクオリティ。
無償です。イエー!!

from natsu
やー、バブルの頃は忙しかったですね。
床屋もね15分床屋でしたよ。
いや元町駅の地下にあるのよ。
15分780円でね。

顔そりは気持ちいいよね。
たまには3000円床屋にも行った。

失礼。いくら男前とはいえ、
さすがに一緒にしちゃいけないですな。
でも顔そりは床屋でしかしてくんないもんね。
 
ちなみに昔、幼少のみぎり
耳のそばをそられててちょおっと切られて
2か月分ただにしてもらったことがあります。
 
そろそろ床屋いこ。

だってもったいないじゃん(^_^;)

from mako@my剃刀
まだ、流血経験はない⊂( ̄^ ̄)⊃エッヘン

とはいえプロの仕上げが欲しいときは行っちゃいますけど・・・ね(ToT)

そんなに気に入ったんだ、アレ(*^。^*)

お紺ちゃん。

from キクチ
うまいねっ!
→同乗するなら金をくれ!まったく、そのとーりさ。
人が2ヶ月も散髪してないっつーのに
月イチで高速代かけつつ散髪に行くダンナ・・・
しかも代わり映えナシなのに。←ひでえ。

とりあえず、バレないように見るがいいよ@仕事中。
っつか、仕事しろ。

そーかお紺ちゃんも自分で剃るのか。
T字剃刀なら怖くない?・・・でも、まだらになりそうだよアタシ。
眉毛だって、自分で整えられないんだもん。
どんだけ不器用なんだってハナシじゃん。
ちょっとほっとくと「かもめまゆげ」だよん。
ママン流血は怖い。でも剃る、その勇気に乾杯だ!

今日は化粧のノリがひと味違ったよマジで。しかもとぅるっとぅる。
コレだからやめられない・・・

永岡さん。

from キクチ
こんにちは!

懐かしいですか床屋さん。
実は私も、幼少の頃は近所の床屋さんでした。
終わった後にもらうガムが嬉しかったですねー。
それからマンガ雑誌。
かの、つのだじろう氏の名作「恐怖新聞」は、床屋さんに行くたびに読んでました。
→思い出の海に漂い中。

この年齢になって床屋さんのお世話になるとは思わなかったんですが
プロの技術には抗えません。自分では・・・たぶん無理です。

流血しながらもご自分で顔剃り・・とのこと。
どうか花のかんばせを傷つけぬよう、お気をつけて。

from お紺
同乗するなら金をくれ!
って感じでしょうか。
車にね。
高速だけにね。ぷぷ。

うまい! おいら今うまいこと言った!

>君が払ってくれるなら、僕は悪にでもなる

仕事中に笑わせないでもらえるかな。(見るなよ)


顔そりはね~
おいら自分でやるけど、女性用カミソリは怖い。だからT字の安全カミソリでやってます。
母は女性用カミソリでやってるけど、ときどき顔切ってるんだもん。こわいよ。
でも産毛そると化粧のノリが違うよね。

床屋さん懐かしいです

from 永岡ともよし
おはようございます。
思い出の海に漂いながら生きている永岡です。

床屋さんは幼い頃の記憶止まりですね。
近所(遠い親戚)のお店まで5歳違いの弟を
連れて出掛けたのを覚えています。

私は流血しながら自分で顔剃り派(5/20記事参照)
なので間違ってもエステなどには出費しません。
安上がりで健気な自分が愛おしい永岡でした。

welcome sakebara

ヒト言、言上仕る。
管理者にだけ表示を許可する

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。