sakebara~酒と薔薇の日々~

sakebara~酒と薔薇の日々~

何だかもうホントにすいません。
こんなヤツですが。

キクチ。

Author:キクチ。
別名:
マリーだったり
西園寺薫子だったり
くんこだったり

最近、書いたこと。
暦。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

愛の言の葉。
ほぼ、意味ナシ。

一応カテゴリーらしい。

過去を振り返る。
繋がってます。
キャラクタ共有委員会。

オトモダチ。

オトモダチページへGO!

ウチの子。


ぺそぎん。
あわせて読むといい。

あわせて読みたいブログパーツ

優しさ感満載。

お世話になってます。

ネットサーフィンの鉄人


RSSフィード
Contador

------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20080517 Sat
続・本棚には殺人事件がいっぱい・・でもないな今回は。 

続・本棚には殺人事件がいっぱい・・でもないな今回は。 

本のハナシ・・・
たくさんの「これが面白いよ!」的オススメを
ありがとございました。m(_ _)m
おかげさまで「未読メモ」というか「買う本リスト」が
久しぶり・・何年かぶりに充実しとります。

「再読再読!」と気持ち的には読みたい感満載なんですが
とりあえずまだ、読み始めてはいません。
あと、も少し書いたら読書週間に入ろうかと思ってます。

実はキクチ、シリーズモノも大好きなんです。
魅力的なキャラクタがいれば、そこにハマる。
間違いなく、次回作も購入な勢いです。
なので今回は、シリーズモノシリーズぷりーず。


まずはローレンス・サンダーズ。
魔性の殺人 (1982年) (ハヤカワ文庫―NV)
欲望の殺人 (1982年) (ハヤカワ文庫―NV)
無垢の殺人 (1983年) (ハヤカワ文庫―NV)

三作とも悲惨な事件なんだけど、このシリーズの主人公
NY市警ディレーニ署長が家族たちと繰り広げる
プライベートな部分の要素が好きです。

あとコレ。
大きな枝が折れる時 (扶桑社ミステリー)
歪んだ果実 (扶桑社ミステリー)
アレックス・デラウエアのシリーズ。
この後、続々と刊行されてます。

デヴィルズ・ワルツ〈上〉 (新潮文庫)デヴィルズ・ワルツ〈上〉 (新潮文庫)
(1995/12)
ジョナサン ケラーマン

商品詳細を見る


マーダー・プラン(上) 臨床心理医アレックス (講談社文庫)マーダー・プラン(上) 臨床心理医アレックス (講談社文庫)
(2006/03/15)
ジョナサン・ケラーマン

商品詳細を見る


このシリーズ、ほとんどが上下巻なんで、かなり読み応えアリ。
ただ、あまり時間がかからないかもしれません。
→読み始めたら止まらないから。
ところで。
推理とかサスペンス小説を読んでいて、たまーに
どうしてこの人が事件を解決すんのかな?って思うことがあります。

まー細かいことは気にすんな・・って
自分に言い聞かせながら読んでます。お約束だからねん。

ここに出てくるアレックス・デラウエアは臨床心理医です。
まあ、お友達のマイロが刑事なんで
そのつながりで事件を知ることになったりもするわけですが。

同じように、ケイ・スカーペッタも警察官ではありません。
バージニア州の女性検屍局長。
40歳、離婚歴アリ、姪のルーシーを溺愛中。
料理好きで、相当の腕前。担当刑事のマリーノとの友情・・・友情?
恋人である元FBI心理分析官ベントンとのオトナの恋愛。
そして、犯人の標的になったりもする。
検屍官 (講談社文庫)検屍官 (講談社文庫)
(1992/01)
パトリシア コーンウェル

商品詳細を見る

異邦人 上 (1) (講談社文庫 こ 33-26)異邦人 上 (1) (講談社文庫 こ 33-26)
(2007/12)
パトリシア・コーンウェル

商品詳細を見る


シリーズも15作(だったと思う)までなると
本来ならかなりマンネリ化すると思うけど
この作品には当てはまらない模様。
最初の作品では10歳のおチビちゃんだったルーシーが
美しく成長して、一緒に事件に関わっていくのが面白い。
キャラクタの生活・・もっと大きくいうと生き様みたいのも
ものすごく丁寧に描かれてるので
キャラスキーのキクチにはそっちも魅力です。

キャラクタたちが爽快で、事件をがんがん解していくものとは
まったく異なるし、これはミステリや推理小説・・じゃない・・よね・・
と、思いながらもハマってしまったのがこちら。
屋根裏部屋の花たち (扶桑社ミステリー)
炎に舞う花びら〈上〉 (扶桑社ミステリー)
刺があるなら (扶桑社ミステリー)
屋根裏部屋へ還る (扶桑社ミステリー)
ドールハウスの夢 (扶桑社ミステリー)

ドーランギャンガーシリーズ。
これは上から順を追って読まないと全然わからないかもです。
そんで、どこにも救いが無い(言い切った!)
ああ、良かったね~・・と、ホッとするところが
ほんのたま~に出てくるけど、絶対に幸せになれない。
「何でよ!もういいじゃん!!」と言いたくなるほどに不幸。

夢中になって読んでた自分が恐ろしいです。
あーでも、見つけちゃったんでこれも再読だな・・・
→精神的に高揚してるときじゃないとヤバいです。
→読み時に注意しましょう。


で、最後に。
もしかしたら、一番好きなキャラかもしれませんよ
リンカーン・ライム。
ジェフリー ディーヴァーには、このシリーズの他にも
良い作品がたくさんあるんですが敢えてライムさんを。
ボーン・コレクター〈上〉 (文春文庫)ボーン・コレクター〈上〉 (文春文庫)
(2003/05)
ジェフリー ディーヴァー

商品詳細を見る

コフィン・ダンサー〈上〉 (文春文庫)コフィン・ダンサー〈上〉 (文春文庫)
(2004/10)
ジェフリー ディーヴァー

商品詳細を見る

エンプティー・チェアエンプティー・チェア
(2001/10)
ジェフリー ディーヴァー

商品詳細を見る

魔術師 (イリュージョニスト)魔術師 (イリュージョニスト)
(2004/10/13)
ジェフリー・ディーヴァー

商品詳細を見る


この作品の主人公リンカーン・ライムは
かつて科学捜査官だったんですが
捜査中の事故で首から下が全部麻痺していて寝たきりなんです。

・・・あり得ません。
・・・でもすごい。

ボーン・コレクターは映画にもなりました。
デンゼル・ワシントンがライム役。
アンジェリーナ・ジョリーが、この事件から今後パートナーになる
新米女性警察官のアメリア役を演じています。

原作を読んだ後でビデオを借りて観たんですけど
キクチ的には、映画化にがっかりしなかった貴重な作品です。


今回も、何かひつとでも既読の作品があればコレ幸い。
オススメを楽しみにしとります。

もし次があったら、今度は国内作品で。


追記:これも手元に置いておきたい一品。
警察署長〈上〉 (ハヤカワ文庫NV)警察署長〈上〉 (ハヤカワ文庫NV)
(1987/03)
スチュアート ウッズ

商品詳細を見る

むかーし昔、ドラマをNHKで観た記憶が。
もっかい観たいです。

それから、去年発行されたことを今、知りました。
ジョン・ダニング。
災いの古書 (ハヤカワ・ミステリ文庫 タ 2-9)災いの古書 (ハヤカワ・ミステリ文庫 タ 2-9)
(2007/07)
ジョン・ダニング

商品詳細を見る

こっちは読んだ。
死の蔵書 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
スポンサーサイト

Tavern:sakebara

おやいさん@すいかは・・ウチの息子?すいかみたく丸いよデカいし。

from キクチ
エドガー・アラン・ポー・・・私も幼少のみぎり、母にそう言った記憶があります。
「マネしてるのー?」って。無邪気。
本当に面白かったなー・・・夢中で借りて読みました。
ミネットは、レビューを読んでもハズレが無さそうな感じですね・・
読まないとその二作品。
「魔術師」は、もういい加減に待たなくても借りられると思います。
発売直後、全然借りられなかったんで結局買いました。
・・・うん、正解だったけど。

from おやい@なすがまま すいかは?
少年探偵団息子ようにといって買って自分で読んでました。大人になって読んでも面白いじゃ内科!!乱歩恐るべし。(エドガー・アラン・ポーと聞いて「何その乱歩みたいな名前の人」といったのはうちの娘です。)
 ミネット、「暗い部屋」と「氷の家」が好きかな。
「魔術師」が面白いのですね、図書館行かなくっちゃ。
もちろんコメントいくらでもオッケーです。

とっさん。

from キクチ
お帰りー!お疲れー!

海外作品と国内作品、たぶん同じくらいあるんですけど
とりあえず海外から攻めてみました。意味はナシ。
一時期、手当たり次第だったからな・・・節操ナシは
読書傾向にもありありです。

星の王子様・・・いいですよねー・・・
確か、息子と行った図書館児童書コーナーで読みました。
心の汚い大人だということを改めて感じましたよ私。
一瞬でもいい、ピュアな心を取り戻すためには
一家に一冊常備しておきたい作品です。

ライ麦は、村上氏翻訳のものがオススメらしいですよー!

from とっさん
うひょぉおっ!ほんっとに海外作家ばっかりですねwww
タイトルだけしか見たことないやつばっかりです(><)

海外の本は,星の王子様くらいしか読んだことございませんw
そろそろライ麦畑くらいは読んでおこうかと思案中(^^;)

お紺さん。

from キクチ
デンゼル・ワシントンは「ペリカン文書」のときから好きだったので
「ボーン~」に出てたときは嬉しかったですねえ・・
ほとんど動かない役だから、目で語る。
彼にしかできないと思いましたよライムさん。

家電製品の説明書・・・最近は年のせいか目が・・・ひー。

昨日は、お紺さんの「新たな一面」を見せていただきましたよ!@歌人。
病室のその情景が浮かび上がってまいりました。
・・・同じ病院だったっていうのも、何か不思議な感じがします。

・・・だから切なくてね・・いろいろ。
・・・なのに怒涛の「ピー」攻撃。ヾ(ーー )ォィ 

ほのぼのしないえるるんの、そのバッグの中には
おむつやらミルクやらが入ってるのかと思うと可愛い。
きっちり計ってミルク作りそうだ。

おやいさん@結局いつでもミステリーわはは。

from キクチ
また観たくなったんで、借りに行こうかな~と思案中@ボーン。
いい加減、DVD購入した方がいいんじゃないかとも思い中です。

コーンウェルは、もうミステリというより
キャラが楽しみで読んでるって感じです。
ああ、ルーシー立派になって・・みたいな。何かクセになってる模様。
ダニングの新作(といっても去年だけど)私も図書館かなあ・・
怪人二十面相も読みたいし@児童書コーナーで。

ミネット・ウォルターズ!!「女彫刻家」が大好きです。
オリーブ怖い。

「本の話」・・拝見します。
過去の記事でもコメント可・・ですよね?(笑)

デンゼル・ワシントンは

from お紺
いい役者だね~♪

>家電製品の説明書まで読んでた

活字中毒症状ですな……まさに。


気を使って頂いて有り難うございますm(_ _)m
不謹慎ということはないので、どうぞ遠慮なさらず!
えへへ……あの歌はおいらが作りました。
お粗末様です。
こないだ見に行った赤ちゃんに「翔」の文字の入った名前が付けられていたので切なかったです……。

えるるんは、子守りはどうも苦手分野なんだけど、赤子の身体構造とかには異様に詳しそうなので意外と抱っこするの上手かったりしてね。

from おやい@雨でも晴れでもミステリでも読もう
うん、ボーンコレクターはビデオで2回見た。2回でも面白かった。奥様原作読んで面白いと言っておりました。コーンウェルは初期のものはすごく面白かったので10作目くらいまでは読んだけど、最近のはミステリとしては?なので読んでない。ダニングの「死の蔵書」は面白い。2作目も良かったが、3,4作目はまだ読んでない。買うには高いので図書館にでも頼んで見ますか。「狼男だよ」のウルフガイシリーズ多分はまると思う。後期のは駄作。
 くわしくは、うちのブログのカテゴリ「本の話」に色々書いてありますので暇なら読んでみてね。そうそう、ミネット・ウォルターズ忘れてた。女性作家だけどすごく面白かった。女性探偵ものや、女主人公のものはたくさんあるけど、これちょっと主人公達がいかしてる。女の人は気に入るんじゃないかと思う。もっと評価されてもいいのに(俺の知らないところで評価されているのか?)また長くなってしまった、すまん。

お紺さん。

from キクチ
ボーン・コレクターは、もう一度観たくなる映画です私にとって。
何度観てもいい。
原作読了後だったけど、それでもハラハラしました。
この後の作品が映像化されないのが残念です。

読書家というより、活字中毒だったかもです昔は。
読むものがなければ家電製品の説明書まで読んでましたよ。
薬の使用上の注意とか。そんな勢い。

オススメの「ギョ」は明日、探す旅に出てきます。
他にも欲しい本がいっぱいあるし
なければハシゴだな♪楽しみです。

追記1:
今日、そちらにしたコメントですが実は、午前中に書いていたんです。
で、さあ投稿・・と思ったら新しい記事がUPされていて。
その記事に対してのものではなかったにしても
拍手もどうかと思うし、ちょっと不謹慎かな・・と判断して
またの機会を待とうと思ってました。

あの「うた」はお紺さんの?
「飛翔」の文字がとても印象的でした。
お母様にもお紺さんにも、そして病床の方にも
心穏やかに過ごせますようお祈りしています。

追記2:赤子を抱っこしてても、ほのぼのしない男№1だなえるるん。斬新。

ボーン・コレクター

from お紺
映画観ましたよ~。面白かった!

前知識全くない&犯人を推理してみたけど全然分からなかったので、非常にハラハラドキドキしました。
特に最後の、真犯人との息詰まるやり取り……
すっげ良かったです!

それにしても姐さんすごい読書家ですね。

とりあえず「ギョ」は買いです。
……わいは持ってないけど。人に借りて読んだから。

烏龍クン。

from キクチ
久しぶりっ!
元気にしてたかい?高校生活にはもう慣れたかい?

きっと忙しくて本を読んでるヒマなんか無いであろうの。

いやいやいや・・・読むんなら母が記事に上げたものでなく
コメント欄でみなしゃんが薦めているものにしなさいね。
試験に出るのもあるから。

natsu兄さん。

from キクチ
なんか「変」・・なのは・・キクチのことですよね?。。。(ノ><)ノヒィ
すいません疲れさせて。m(_ _)m
でも大丈夫!もう書かないから(ネタ切れ)

ここんとこ、日常生活であったゴタゴタを消化しきれずにいて
・・・逃げてました。テヘ(* ̄ー ̄)>

いい加減、浮上しないと。

ろぷさん@旅のお供に京極堂。かなり重いよ。

from キクチ
今回、久しぶりに本棚をひっくり返して改めて思ったことは
「偏ってんなー」ということでした。
海外作品もですが、国内作品ですら「大ベストセラー」になった作品は
たぶん無いんじゃないかと思われます。
あと直木賞とか芥川賞受賞の作品は一応押さえて読んでいますが
本棚に並んでいないってことはブックオフに・・・という感じ。

で、数多く残っていたのが海外モノと榎木津アニキ(いやココは京極堂と書くべきだろう)
あと金田一耕助・・・キャラクタで追っかけている傾向がアリアリ。

翻訳ミステリーって、たしかに読みづらいものがありますよね。
訳者の言葉のセンスもあるんだろうけど。
言い回しが難解で一回で頭に入らず
あれ?ここってどうなってたんだっけ?と、前のページを読み返して
それを何度も繰り返して読む作業が好きなのかもしれません。
あと、日本の作品ではあまりみられない(ような気がする)事件の根底に
「宗教」や「人種差別」が絡んでる・・
というようなシチェーションには引き込まれることが多いです。
もし日本だったらここまでの憎悪は無いよね・・と思われるような。

『罪と罰』は6年生のときに読んで、夏休みの宿題で読書感想文を書きました。
「ラスコーリニコフは罪を犯した」の出だしで書いた記憶があります。

そっか、あれはミステリーだったのか!

mako姐さん@そいつぁ大変だ未読スパイラル。

from キクチ
読書週間にどっぷりハマっておられるようで何よりです。
キクチ、すっかり出遅れました。
読んでも、レビューを書く気はまったくないんで
いわゆる「積ん読」の予感満載です。
ダメなんじゃないでしょうか。

平井和正かー・・・ウルフガイ。
狼男だよ・・・
ゴメン・・読んだことないや。
うーわ守備範囲狭っっ!!

from ぬるい烏龍茶
うわあ・・何も読んだこと無いですねえ

よんでみよっかな♪

なんか変ですぞ

from natsu
ここに来るまでにえらい遠回りしました。
どうしたんだ?

翻訳本は読みません。
疲れるから
こんなこといってるからだめなのかねー

from ろぷ@執筆中につき改行が縦書きモード。スマソ
 ふむ。『死の蔵書』は読んだッス。
 僕ぁ基本的に海外の翻訳ミステリーは読まないんですよねぇ。なんかことばに引っかかってしまってね。だから話題についていくのが精一杯ですぢゃ。
 海外ミスでも、いちおう王道ドコロ(クリスティのいくつかとか先日の僧正とか、あとシャーロックホームズとかね)と古本関係とか本を匂わすものだったら読むんだけれどもね。たとえばスティーブンキングの『図書館警察』とか。どっかのコメントで書いたかな? まあいいや。この『図書館警察』、僕にはとっても怖かったッスよ。幼いときに図書館で借りっぱなしにしてしまった本を、取り立てにおっそろしいおじさんが来るのさ。そのシチュエーションが怖いのさ。って感じです。
 そういえば『魔術師』は村上春樹がおもしろいと言っていた……ような気がするッス。そんくらい。

 そういえば(その2)。
 これをいうといつも「それはちがうだろ」と言われるのだけれど。
 海外のミステリーで一番なのはドストエフスキー御大ですよ。『罪と罰』にはコロンボと古畑任三郎を足してシェイクしたような警部が出てきて(っていうかこっちがオリジナルなんだけれど(笑))主人公をねちねちいたぶるし、『カラマーゾフの兄弟』は「お兄ちゃんは犯人じゃないんだよ! 無罪なんだよ!」っていう法廷劇。
 どっちも文学の棚に並んでいるけれど、僕にはミステリーですぢゃ。

狼男だよ♪

from mako@まだ終わらんってか、買っちゃった(^_^;)テヘッ
はダメか(゚ー゚?)

って、終わってねーけどお話・・・( ▽|||)

どーしてるかな平井和正・・・

welcome sakebara

ヒト言、言上仕る。
管理者にだけ表示を許可する

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。