sakebara~酒と薔薇の日々~

sakebara~酒と薔薇の日々~

何だかもうホントにすいません。
こんなヤツですが。

キクチ。

Author:キクチ。
別名:
マリーだったり
西園寺薫子だったり
くんこだったり

最近、書いたこと。
暦。

12 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

愛の言の葉。
ほぼ、意味ナシ。

一応カテゴリーらしい。

過去を振り返る。
繋がってます。
キャラクタ共有委員会。

オトモダチ。

オトモダチページへGO!

ウチの子。


ぺそぎん。
あわせて読むといい。

あわせて読みたいブログパーツ

優しさ感満載。

お世話になってます。

ネットサーフィンの鉄人


RSSフィード
Contador

------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20080423 Wed
起承転結で言うと・・・「転」?かどうかは甚だ疑問。 

起承転結で言うと・・・「転」?かどうかは甚だ疑問。 

眠い・・・昨日からずっと眠いです。
これで千葉が極寒の地で、空腹だったなら
間違いなく遭難してるに違いありません。

あーここがお花畑の房総で良かった。

実は今日、息子が学校の遠足で
恐怖のお弁当だったんですよ。

なのにゆうべは、その下ごしらえをしなくちゃいけないのを
す~~っかり忘れていましてね。
冷凍食品や出来合いのものを好んで食べてくれないので
唐揚げとかは朝っぱらから揚げなくちゃなんないんです。
煮物も、味を浸み込ませておかねばなりません。

眠い・・眠いよエイドエイア~ン!!と叫びながら
頬を伝う涙をぬぐいもせずに準備をしとりました。
えぐえぐ。

そして、いつもは作れないんですが
こんなときくらいダンナにもお弁当を・・と思い
ヤツは5時半に出かけるんで今朝は4時半起床・・・
死にそうでした・・・っつか、屍のようでした。

ええ、全部段取りが悪い自分がいけないんです。
自業自得。わかってるよ!!m(j◇j)m

さて・・・と。
何だかもう、引くに引けない状態っつーか
引かれまくりな状態っつーか。
もう、あの話は無かったことになってる感満載。

いいさ・・・自覚は、ある。<( ̄┏Д┓ ̄)>えっへん!
だけど今日もネタがないので引っ張ります。

そろそろ飽きたとは思いますが、我慢してね。
義理と人情でもって!お慈悲を持って!
お付き合いいただければ幸いなキクチです、こんばんは。



「渋谷まで映画観に行かない?」と誘われたときは
冗談かと思いましたもんね。
千葉には「新宿」とか「桜木町」とかゆー地名があるんですが
もしかして知らないうちに「渋谷」という町ができたのかと
思ったくらいです(←あーゴメン、これは嘘)
(でも「新宿」とか「桜木町」はホント)

嬉しいなんてもんじゃありませんでした。
もー舞い上がりまくり上がり。
「おっしゃあ~~!バッチキタ━(゚∀゚)━━!! 」ってとこですよ!
洋服から靴からバッグまで、全部買いましたもん。
バイト代、つぎ込みましたもん。
ジャージなんて選択肢、その頃は無かったですもん。
→今だって選択すんなってハナシですが。

前の日、眠れなかったです。幼稚園生の遠足か。

映画観て、ぐしゃぐしゃに泣いて(演出ナシ。素)
食事した後、買物して。
路上で怪しい外人さんが売ってる手作りアクセサリー・・・
今もある?あーゆーの。
次の日が偶然、誕生日だったんで
そこでブレスレットを買ってもらいました。

こんだけされたら普通、舞い上がるでしょ?

渋谷の、なんたらゆーオサレな喫茶店で
ものごっそ緊張しながら座ってました。

たまたま、その頃好きだったバンドが同じで
映画の趣味とかも似ていたので
話題に困ることはありませんでした・・・けど

最初「好きな人がいるんだ」と言われても
「へ?」って感じで理解できませんでした。
だけど「薫子ちゃんだから言えるんだけどさ」に続いて
「何か、言える雰囲気あるよね薫子ちゃんて、年下なのに」
と言われた時に、初めて「ああ、そっか」と思いました。

たぶん、顔は引き攣ってただろーな・・と。
でも、よく泣かなかったな・・と。

今だったらガチでテーブルひっくり返してますが
その頃キクチ・・・10代ですし。人生経験、短いですし。
この時点で「聞きたくない・・もう帰りたい」(根性ナシ)
って思っても仕方ないと思うんだがどうだろう。

だけど、帰るにしても電車なんです。
一時間以上は一緒にいるんですよ。

だから切り替えました。
その頃から、こーゆうことだけは器用にできた模様。
沈黙が怖かったんですねきっと。

「そうなんだ~・・・えっとー・・同じ大学の人?」

よくやった!キクチ偉いぞ!!m(j◇j)m
あの頃の自分を褒めてあげたい。

帰りの電車の中で、聞きたくもないKさんの好きな人の話を
自分から切り出す神経は尋常じゃありません。
尋常じゃないけど、気持ちが既に壊れてたんで
さも、興味深々な振りをして聞きました。

「薫子ちゃんも知ってる人なんだ」

・・・・・・・・・・・・・!!

嗚呼、何ということでしょう!!
明日が誕生日の私に、神様は何て残酷な試練を。

「実は・・・緑川さん」

ガ━l|li_| ̄|●il|li━ン

緑川さんというのは、私がバイトしてる店の
前にある雑貨屋さんのお姉さんでした。
私より7歳年上で、物静かな優しい人です。そしてキレイ。
今でもそうですが私はその頃も
お姉さんとかお兄さんキャラが大好きだったんですよ。
緑川さんにもけっこう懐いてて
それこそゴハン食べに行ったりお家に遊びに行ったり。
か~なり仲良くしてもらっていたんです。

そうだね、確かに緑川さんの話が良く出てたね・・・
それは、こういうことだったんだ。

でも、緑川さんは自分が働いている雑貨屋の
店長さんと付き合ってて
結婚することが決まってたんですよ。
「式は来年の秋ごろになると思うの。
   薫子ちゃん、二次会には出てくれるでしょ?」と
美しい笑顔で幸せそうに言われていました。

「他の人には内緒ね」とも言われていたので
雑貨屋さんと、向かいにあるウチの店のスタッフくらいしか
そのことを知りませんでした。
だから、同じフロアにはいても
少し離れた店のKさんは知らなかったわけです。


・・・・・・・・・・えーっとー・・・

今、妹の桜子に電話したんです。

姉:この話さー、もう一回『続く』にしたら引っ張り過ぎかなー?
妹:いやー・・別に。まーアタシは身内だからね
  『あー、あんとき姉はこうだったのかー』って普通に思うけど。
             何よ?めんどくさくなっちゃったとか?
姉:や、八合目までは来てるんだけど長いんだよ。
妹:じゃーさー、こうでこうでこう振られました、終わり。にして
   その後、泣きながらバイト辞めたKさんに
    蹴り入れてタコ殴りにしちゃった。てへ。とか書けば?
姉:そんで、そこまでしたアタシが何故か傷心の旅?
   8時ちょうどのあずさ2号で信濃路へ行くとか?
妹:そーそー、せっかく皆さんが考えてくれたんだから
   後はその案を少しずつ取り入れて書けばいいんじゃない?
   崖の上で対決とかあったじゃん。
姉:で、最後は「はんにんはヤス」って書置き?
妹:そうそう。そんで姉が東尋坊から飛び降りれば完璧。
姉:東尋坊って信濃じゃないじゃんうひゃひゃひゃ

妹:まー読んでる人は飽きたら
   もう読まないだけだからいいんじゃない?


・・・・・・・・・・それは困る。

・・・・・・・・・・・・でも続く。

スポンサーサイト

Tavern:sakebara

from トーコ
キクチさん、スゴック面白かった。コメント欄が(笑)うそうそ、嘘だよ~ンv-16

あの血痕の付いたシャツの紙吹雪、探すのタイヘンだったよね。。。v-12

亀嵩!

そっちかい・・。いやや、明日、超大作携帯小説にコメント書きます。マジでマジで「結」が読ませたね~。流石だよ、天才キクチさん!!!v-17

とっさん。

from キクチ
昨日の朝の涙はタマネギではなく
眠くて止まらない欠伸が原因です。
→いちいち説明すんな。

くんこたんのヴァイオレンスラブストーリーは終わりました。
いろんな意味で、終わりの始まりでなきゃいいんですが
非常に不安です。

薫子→くんこ・・・違うから「かおるこ」だから。
桜子→好きなように呼ぶがいい。

from とっさん
>頬を伝う涙をぬぐいもせずに準備をしとりました。
>えぐえぐ。

なるほど、玉ねぎですかww


みなさん、くんこたんのヴァイオレンスラブストーリーにコメしてるみたいなので、あえて違うところを。

薫子だから、くんこたん。
じゃあ桜子ならなんと呼べばいいのでしょうか。。

おやいさん@え、違うの?

from キクチ
わー九十九里浜、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
あの砂浜から死体が出たらイヤだなあ・・季節も夏だし。腐・・・
「顔はヤバいよ、ボディにしなボディに」と言われたことを(誰に)
忠実に守ったんだけど(誰が)

犯人は、林か!あいつだったのか!!
え~っと・・・どちらの林さんですかね。

ろぷさん@ちょっと言っていい?

from キクチ
・・・・・・・・・助けて!。。。(ノ><)ノヒィ

もう、どこに落としていいのかわからなくなりました。
っつーか、ここまで長くなるとは思っていませんでした。
まさかのケータイ小説風味。
ここはひとつ、鏑木氏にご登場願って
何やら悲しくも美しい物語として仕上げていただきたい気持ち満載です。

途中からトーナメント戦。
昔「俳優になった男の子のサクセスストーリー化と思ったら
途中からいきなりバトルを展開し始め、顔つきも体つきも1.2巻とは別人になって
登場人物の名前が漏れなく一文字だけ違う芸能人の名前だったりして
最後は神になっちゃうマンガ」かと思っちゃいました。
あー知らなかったらゴメンなさい。

大好きでしたよ塾長、江田島平八であーる!!
二号生筆頭って・・・緑川さんか。

早起きして死ぬ気で作るお弁当。
「美味しかった」と言われると嬉しいけど
やっぱし給食万歳です。
毎日お弁当作りしてるお母さん方に敬意を表しまくり。

トーコさん。

from キクチ
すごく楽しかったです!!途中までは。
だけど帰りの電車、キクチの脳内「中島みゆき」スパイラル。
うーらーみーまーす~~~♪マジでか。

まーホントに1回でもデートできたんだから良かったんじゃん?
こうやって晩年に思い出してネタにできたんだから・・・と
苦いお茶をすすりながら縁側で日向ぼっこをしています。

夜汽車に乗って、細かく切り裂いた血痕のついたシャツを
窓から捨てました。
はらはらと風に乗って散るそれは
桜の花びらのように美しく、私はまた涙が止まらなくなりました。
(BGM 宿命)

お紺さん。

from キクチ
今は「鼻血仕様の虹」と呟きながらオチますが
このときは「普通にしょっぱい涙」を流しながら
オチた模様です・・・覚えてないけど。ヾ(ーー )ォィ 

映画は・・・ラストで蛙が降ってくるヤツ(嘘)

絶対、誰かが書いてくると思ったぞ「卒業」
キクチの脳内「サウンドオブ・・・ミュージカル?」
どーはどーなつーのーどー(違います)

サイモン&ガーファンクルが脳内リピート延々。

あずさ2号車庫入れで、閉じ込められたカップルがいるってゆーのは
今も語り継がれている千葉の都市伝説です。何故知ってるのだ。

mako姐さん。

from キクチ
ありがと代わりにやってくれて。
→ちゃぶ台返し。

もー、書いてて何度も何度も出したかったんだけど
→ていっ!(ノ-_-)ノ・・・~~┻━┻
今なら絶対!スカパーのとき以上にひっくり返してるな。

緑川さんは、ホントにステキなお姉さんでした。
きっとmako姐さんもステキな御姐さんに違いない。

「お姉さん」と入力すると「御姐さん」に変換される今日この頃。

Clapたん。

from キクチ
えー?マジでー?ついてきておくれよ~・・・
ネタが無いっつーか、既にコレは成分の半分がネタになっとりますな。
登場人物は実在するし、振られたことも事実なんだけど
・・・実は、それほどつらくない。<( ̄┏Д┓ ̄)>えっへん!
もちろん、そんときは悲しかったけど、ちゃんと消化して
今ではキクチの中で「大切な青春の1ページ」です。

今だったらああした・・とか、こう言ったな・・とか考えるのが
けっこう楽しかったりするのはココだけのハナシ。

アルデンテ男爵さま。

from キクチ
こんにちは!よ~うこそ酒薔薇へ。
わたくし教授とか執事とはおつきあいがあるのですが
男爵をお迎えするのは初めてですわよおほほ。
男爵・・・うーんせれぶ。たとえ画像がジャガイモであっても。

続きは?と聞いてくださるのは・・・
楽しみ・・とか言ってくださるのは最早
アルデンテ男爵しかいない模様。

どうか今後も、わたくしを舞い上がらせてくださいませよおほほ。
だからまた、遊びに来てくださいね?ね?(切実)

from おやい@やっぱりおれじゃないや
わたくしここまで非道なことは出来ませんわ。花の女子高生の心をもてあそぶようなまね。ということでこの後、九十九里浜で砂の中から発見された男性死体は…背中にキックとたこなぐりのアザのある身元不明死体発見。ダイイングメッセージはもちろん
 『犯人はやす』

実はこれ
『はんにん、はやし』の聞き間違いである事が判明。ここに未知の登場人物「はやし」登場!!
 その頃クンコは一人台所に立ち、母の手紙を読む







ダイニングメッセージ

from ろぷ@「転」ってよりも「ネタフリ」に見えるが?
 まー。なんて若者向けケータイ小説のような展開。
(*´ェ`*)
 すがすがしいですわね。
 あの時キミは若かった(@スパイダース@マチャアキ……ってネタがどんどん古くなる今日このごろ)


 このあとの展開として。
 週刊少年ジャンプ連載のマンガのごとく、とちゅうから突然トーナメント戦になるっていう展開をひそかに期待。「驚邏大四凶殺」とか「大威震八連制覇」とか始まるのですよ。ことあるごとに「知っているのかっ 雷電!?」と聞くのですよ。
 もういよいよヤバイってときにガケに落ちたはずのSちゃんが復活したり、二号生筆頭の緑川さんとの友情が芽生えたりするんですよ。
 っていうか、ワシがお嬢さまの執事、ろぷであーる!!
(`□´)!
――民明書房刊『薫子~くんこ~ その戦いの歴史』より抜粋。


 うわー、たのしみー(棒読み)
(元ネタ、知らなかったらごめん)


 それにしても。
 よくできた息子殿ですなぁ。
 最近のできあいモノはどんな薬品が入ってるかわかったものじゃありませんからな。少々面倒臭くても材料から作ったものが好きってのは大切なことなのです。ま、オカンには限りなく手間ですがね。

from トーコ
キクチさん、渋谷でデートしたんですね。楽しかったんですねv-12

あ、私オバサンだからかなぁ、一回でもデートできたんだから良かったよ!と思ったりナンカしちゃってv-8

うん、十代ならそうはいくまいね。顔が引きつるのも分かる。私も、そんなことあった?、気がしないでもない今日この頃。

夜汽車に乗って、黒いガラス窓に映る自分の顔を見ながら、ひっそりと涙を流すんだよね。

ああ、どう考えても「こんなンで委員会」になる~~v-17

ああ……

from お紺
Kさん的に切ない展開……ちょっと同情(;_;)
あーでも、キクチさんを舞い上がらせた罪で切なさ相殺。

ちなみに映画は何を観たのでしょうか? 気になります。

その後もちろんKさんは緑川さんの結婚式(誓いの口付けのまさにその瞬間)に乱入して、花嫁の手を取って走り去って行くんですよね?

んでもって8時ちょうどのあずさ二号(結婚式何時だよ)で逃避行……しようとしたんだけど車庫行きで結局何処にも行けなかったという言い伝えが、千葉の新宿のあたりにあるらしいですよ。

(ノ-o-)ノ ~┫:・’.::・

from mako
とりあえず代わりに・・・(・・、)

いーなぁ・・・緑川さん(^¬^*)アッヨダレガ

辛すぎて

from Claptan
この話にはついて行けそうにありません。

ネタがないからって、こんなに引っ張っちゃっていいの~?

っかし、自分の古傷に、おもっくそ塩擦り込んで、
そんでもって、その痛みをネタに仕上げるなんてワザの
持ち主は、キクチさまの他には居られませんよ。

あ、約一名いましたね (^_^;)
姐さん(小声) (>_<)

from アルデンテ男爵
おじゃまします…
続きは?
続きが気になり眠れません(笑)
楽しみにしています_(._.)_

welcome sakebara

ヒト言、言上仕る。
管理者にだけ表示を許可する

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。