sakebara~酒と薔薇の日々~

sakebara~酒と薔薇の日々~

何だかもうホントにすいません。
こんなヤツですが。

キクチ。

Author:キクチ。
別名:
マリーだったり
西園寺薫子だったり
くんこだったり

最近、書いたこと。
暦。

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

愛の言の葉。
ほぼ、意味ナシ。

一応カテゴリーらしい。

過去を振り返る。
繋がってます。
キャラクタ共有委員会。

オトモダチ。

オトモダチページへGO!

ウチの子。


ぺそぎん。
あわせて読むといい。

あわせて読みたいブログパーツ

優しさ感満載。

お世話になってます。

ネットサーフィンの鉄人


RSSフィード
Contador

------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20080414 Mon
告白『Banana Labyrinth』・・とっくに知ってたぜとか言うな。けっこう勇気が要ったんだ。 

告白『Banana Labyrinth』・・とっくに知ってたぜとか言うな。けっこう勇気が要ったんだ。 

昨日だけじゃなく、ここんとこテンションが上がらず
気を抜くと「休もっかな・・」と思っちゃう弱気なわたくし。

このままではヤバいですよ。危機!
サンクスの如く、すぐそこにある危機!

なので、読んで楽しいのではなくヾ(ーー )ォィ 
自分が楽しくなることを書けばいいんじゃん?と
自分さえ楽しきゃOKなんじゃん?と

ある意味、発想の転換を図ったわけですよ。

や、いっつも好きなことは書いてるんですが
今まで書きたくても書けなかった好きなこと。
かつてHPをやっていた頃
同志と盛り上がっていた例のものを
ちょろっと書いてみようかなと。

しかしながら。

か~なり嗜好が偏っておりますので
免疫の無い方や殿方にはダメかもしれません。
ご婦人でも、嫌悪感バリバリの方が多いことでしょう。

それでもOKという剛の者だけ続き、イっちゃってください。
警告は発しました・・・ので
苦情等は、ビタ一文受け付けません。

腐ってます・・・
そりゃあもう腐りまくりあがり。

でも「腐女子」という言葉には、かなりの抵抗を感じます。
だってもう、決して女「子」じゃない(そっちかよ)

まーアレだ・・今日のは「ネタ」だと思っていただければ
コレ幸いなキクチです、こんばんは。
  
 (重要:よ~く考えてからクリックしよう!)  
            ↓↓↓

まーそんなわけで続きます。
っつか、本題はこれからです。

今や神となった井上雄彦先生が
お描きあそばされた名作『SLAM DUNK』

実はわたくし
この作品にハマったきっかけは同人誌でした。
同人誌っつーか、アンソロジーコミック

昔から、出没の確率が極めて高かった本屋で
「何か面白いのないかなー」と
ぶらぶらしてたときに、見つけてしまったんです。

「男の子マンガにしては絵がキレイだな」って。
当時、恋に恋する
何も知らない清らかな乙女だったわたくし・・・
いつか、白馬の王子様が迎えに来てくれると
信じて疑わなかったわたくしは
何気なく・・・ホントにナチャラルにその本を手に取っていました。
『DUNK×3』(ふゅーじんぷろだくと)

『SLAM DUNK』を全然知らない頃だったので
内容を見てびっくり!おいおい?と。いいのかよコレ?と。

ジャンプ本誌で展開してるストーリーどころか
登場人物、(オリジナルでの)相関図が
まったく持ってわからないので
「コレはまず原作だろう!」とオトナ買い。
そしてある程度の内容を把握したらばもう!!
もう同人誌一直線でした(何故)

で、その頃に購入したアンソロジーや同人誌
全て我家にあります。
嫁入り道具がほとんど無かったキクチですが
本の数だけは異常でした。
スラダンから「め組の大吾」→「ワンピース」
→「テニスの王子様」→「おおきく振りかぶって」
→「バッテリー」→「トッキュー!」→「DEATH NOTE」
→「BLEACH」

オリジナルにハマると、まず同人サイトさんを探します。
気に入れば、通販しまくりあがりです。
その情熱を、何故か家事に活かせない不思議。

今日、仕事が休みの妹と久しぶりにランチしたんです。
そのとき、ちょっと話題になったのが「声優さん」
最近、TVでやってた?声優さんの素顔公開みたいなの。

キクチは・・・たぶん「やきう」観てたんだと。

そこに、置鮎龍太郎さんが出てたんだって。
ご存知か、置鮎さん?
アニメのスラダンで、三井寿の声を演ってた方・・・
「バスケが・・・したいです」ヽ(≧▽≦)/キャー
「いい声だったよねー」(姉妹でうっとり)

最近だと・・・「BLEACH」の朽木白哉。

しかしながら、キクチの中の置鮎さんの声で
一番ショッキングだったのはドラマCDだったんですよ。

この流れから行って、カテゴリーは当然
普通のドラマCDではありません。
ごく限られた愛好者のみが楽しめるものなわけですが。

実は、すっごく苦手です。や、マジで。

原作がとても好きだったので初めて購入したドラマCD。
しかしながら、当然家族一緒に聴けるものではありません。
あーでも、もしかしたら、OKOK!!
レ( ̄□ ̄レ)バッチ来~い!!なダンナさんや
息子さんもおられるかもしれませんが
普通は、家族では聴かないと思われます。

なので、車ん中で聴いたわけですキクチは。
誰にも邪魔されない、一人の空間ですからね・・・

・・・・・・・・・・・・・・大失敗。

悶絶しました恥ずかしくて。ダメだこりゃ。えらいこっちゃ。

キクチ、「萌え」というのは「想像」だと考えています。
そこに、AとBがいて、そこから「何かが」展開するもの。
や、CやDがいても全然いいんだけどさ。
例えば、学ラン男子が2人いたら
萌えは無限大に広がっていくわけですよ!!

最低でも、30パターンはいけます。

だけど、そこに「声」が入るとたちまち「現実」に戻っちゃう。
好きなコミックスがアニメになったりドラマになったとき
がっかりする確率が高いのは「想像」から「現実」に
引き戻されるからだと考えます。

でもでも、もしかしたら・・他のは大丈夫かもよ?と
果敢に違う作品にtryしたんですが、結果は敗北。

1回ずつ聴いただけで、リサイクルへ。
→もちろん「女性向け」SHOPです。

しかしながら、挑戦は続きました。
こんなことでめげていては「腐女子」とは言えない!と。
キクチの中で「何かが」燃え上がっちゃったわけです。

時を同じくして、今度は違う作家さん原作の
OVAが発売されました。
初回特別特典つきのOVAをアニメイトで予約して
恥も外聞もかなぐり捨てて購入。

わくわくしながら、DVDレコーダーに投入!
ドキドキしながら、観てみたんです・・・・・・・・・

観たんですが・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・惨敗。m(j◇j)m

ひゃー!動いてる~~~!(何が)
ひゃー!喘いでる~~~!(誰が)

ダメだ~~!それ以上はいか~~ん!!!

うぎゃあ~~~!ヽ(□ ̄ヽ))...((ノ ̄□)ノ あぅあぅ・・・

カマドウマの前のうぎゃあ~~!はこのDVDでしたね。
そして漏れなく、リサイクルへ・・・il||li _| ̄|〇 il||li

キクチ、ちょー意気地なし。

精神衛生上、よろしくないことが判明したので
その後、カテゴリー:そっち系のドラマCD及び
OVAは購入しておりません。

ふーやれやれ。

最後に。(まだ続くのかよとか言うな)

去年の12月、こんな本が発売されました。

このBLがやばい! (Next BOOKS)このBLがやばい! (Next BOOKS)
(2007/11/28)
NEXT編集部

商品詳細を見る
遠慮がちに最小画像でお送りします。

そうか・・・こんな本が出るほど全国区になったんだね。

まあ、お読みになった方々は
既にご存知の通りガイドブックみたいなものです。
ベスト20の中に
どんだけ読破済みの作品があったとかは置いといて。

中でもキクチ的にポイントが高かったのは
「この帯がやばい!」というコーナーでした。

帯って、アレね・・・
本についてのキャッチコピーとかが書いてある紙。

実はこのコーナーは
映画のレビューサイト「カフェオレ・ライター」の
管理人マルコさんが書いたものなんです。

昔、ネットの波にバンバン乗っていた頃
お気に入りにも登録してあった「カフェオレ・ライター」
最近、全然覗いてなかったけど
・・・確か管理人さんは男性だったと・・記憶違い?

・・・覗いてみました。
・・・やっぱし殿方でした。

すげえ・・・ちゃれんじゃー。

で、その帯の中で一位に輝いていたのが

「そう…そのまま飲み込んで。僕のエクスカリバー…」

コレを見たとき、キクチが一番に思ったことは
・・・?エクスカリバーって何さ?でした。

たぶんゲーム関係の何かだとは思いましたが
それは飲み込めるモノなのね?と。
ぶっちゃけ液体なのね?と。

わからないことは調べます。
かつて「パルプンテ」も調べたし・・・何なのこの情熱。

・・・・・・・・・剣じゃん。

・・・・・・・・デカいじゃん。

・・・飲み込むの、無理なんじゃん?

こりゃ一位だわ。
他の追随を許さないわ。

お時間のある方は是非
「カフェオレ・ライター」を覗いてみてください。
帯の他に「テニスの王子様」レビューもあります。

・・・悲しいときに見ると涙が出るほど笑えます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ふーやれやれ。

あー楽しかった!!

いや~・・ヤバいヤツだとは思ってたけど
ここまでだったとは!!という衝撃の事実!!

・・・そーでもない?

だよねー・・今までだって白衣だの学ランだの
大騒ぎだったもんねー・・・今更驚かないよねー・・・


ここまでお付き合いくださって
本当にありがとうございました。m(_ _)m

おかげさまでキクチ「何かを」チャージできた模様です。

はーすっきり。←オマエはな。

明日は、アレですよ・・・スカパー!
先日、ちゃぶ台をひっくり返しまくったあのスカパー!が
我家にやって参ります。
無事に設置できるんでしょうか・・・っつーか
ホントに来るんでしょうか・・・非常に不安です。

ネタになる何かが起きるのを期待しています。

・・・もーホントに心から。

スポンサーサイト

Tavern:sakebara

ろぷさん@わたくし、ぶっちゃけ一番の得意ジャンルは「腐」

from キクチ
>今日はもう最終回でいい?
→ちくわぶ観察記・・・いいよ・・・無理すんな(涙)
せっかく構ってやってんのに「だれ?」とか言うし。
→空気が読めないところはB型だなこいつも。

さて・・と「Banana Labyrinth」
まあ、万人ウケするネタじゃないので、なかなか書けないですが
コレを書いたときは楽しかったなあ・・・(遠い目)
私は声が入るとたちまち現実に戻っちゃうけど
お好きな人には、無限の萌えが広がるんだろうなきっと。

エクスカリバー・・・
キクチ的には近年まれに見るほどのウケっぷりだったんだけど
それこそ万人がウケるわけじゃないんで
誰にも言えなかったんですよこのネタ。
そしてその小説は未読なんですが、シーンを想像することを
珍しく脳が拒んでいました。ひー。

このテのハナシを殿方とできる日が来るとは思ってなかったんで
大変嬉しく思います。や、マジで。

from ろぷ@腐も嫌いなジャンルではない。たまに読むし。
>だけど、そこに「声」が入るとたちまち「現実」に戻っちゃう。

 あ、なんかわかるかもしんない。
 僕は小説がメインなんだけれど、それが映画化されたりしてもたいてい「?」になっちゃうんだよね。唯一許容できたのは『ロードオブザリング』くらい。100パーセントじゃないけれど役者さん&監督さんたちのキャラクタへの愛を感じたから許す。


 エクスカリバー……ねぇ(笑)。
 ゲームにはいっぱい登場しているけれど本当の原典は北欧の神話だか伝説ですよ。あの「アーサー王伝説(あ、伝説だ)」ってあるでしょ? あれでね、岩に刺さった聖剣が、正当な血筋の者しか抜くことができないのよ。その聖剣がエクスカリバーなの。
 それにしてもエクスカリバーときたか(笑)。まぁ、アレはセントラルドグマ、ユグドラシルにメガランチャー、44マグナム……、とまあいろいろ呼び名がありますわぁね。


 ちくわぶは見た!!(今日はもう最終回でいい? 書いててしんどくなった)

「だれ?」

 いや、さっき♪つきで喜んでくれたじゃないか!! もうわすれちまったのかい?

natsu兄さん。

from キクチ
オトナだけど「えくすかりばー」がホントにわかんなくって
息子に聞いちゃったもん最初・・・書けなかったけど。

「えくすかりばーって知ってる?」
「・・・さあ?」
「液体じゃないよね?」
「何だよ液体ってwww」

スマンな息子。こんな腐りきった母で。

あー・・こまわりくんねー・・・違和感ないわー彼なら。
だから(以下略)

こどもだからわかんないや

from natsu
僕のえくすがりばあって
思わず、こまわり君のように
繰り返してしまいましたよ。

だから(以下略)

おやいさん。

from キクチ
公共性の無い話題で申し訳ない。
ちょっと血迷っただけです許してください。

栗本薫・・やはりご存知でしたかおやいさん。
でもキクチは伊集院シリーズも知りませんでした。ダメじゃん。

要チェックだな(懲りてねえ)

管理人のみ閲覧できます

from
このコメントは管理人のみ閲覧できます

from おやい
いやぁおいらにはついていけない話題で。アニソン、声優ねたはうちの息子の分野だし、鬼畜系エロ系は「伝説のバイト」の得意分野だし。
 栗本は伊集院シリーズ後半から腐女子臭プンプンだよね。

烏龍クン。

from キクチ
うーわびっくりした。
キミには、一番遠いところにある話題でしたスマン。
母は壊れてるんで、許してください。

学校、共学だったらきっといっぱいいるよそーゆう趣味の子。
すぐわかるいから探してごらん(何を言い出すんだアタシ)

mako姐さん。

from キクチ
竹宮さんとか萩尾さんはわかったんですが
栗本・・・薫?

わかんなかったからググってみました。
たぶん当たり?
「終わりのないラブソング」かな・・・ちょっと読みたいぞ。

萩尾作品・・実は「ポー~」と「トーマ~」しか読んだ事がありません。
「残酷な神~」を読んでみたいといつも思ってるんですが
ブックオフに行くと忘れる不思議。
竹宮作品はアレだ!名作「風と木の詩」
これも同じく、ブックオフに行くと・・以下同文。

from ぬるい烏龍茶
見てはいけなかったのか?
・・・・・・・
まあ趣味なんて人それぞれですよねえ。

ほぉーそっかぁ・・・

from mako
竹宮さんとか、
萩尾さんとか、
あと栗本さんだなぁ。。。

古いな・・・ワタシ( ▽|||)

welcome sakebara

ヒト言、言上仕る。
管理者にだけ表示を許可する

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。