sakebara~酒と薔薇の日々~

sakebara~酒と薔薇の日々~

何だかもうホントにすいません。
こんなヤツですが。

キクチ。

Author:キクチ。
別名:
マリーだったり
西園寺薫子だったり
くんこだったり

最近、書いたこと。
暦。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

愛の言の葉。
ほぼ、意味ナシ。

一応カテゴリーらしい。

過去を振り返る。
繋がってます。
キャラクタ共有委員会。

オトモダチ。

オトモダチページへGO!

ウチの子。


ぺそぎん。
あわせて読むといい。

あわせて読みたいブログパーツ

優しさ感満載。

お世話になってます。

ネットサーフィンの鉄人


RSSフィード
Contador

------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20080202 Sat
カテゴリーに「やや、虫っぽい」を加えようかと思っている。 

カテゴリーに「やや、虫っぽい」を加えようかと思っている。 

「もじかっくん」が使用不能になっている今
「ちょっと~、読みづらいんだけど何とかしてくんない?」
などとクレームがついたらどうしようと
気の弱いわたくしは相当、ドキドキしていたんですが
先ほどmako姐さんに
「大丈夫!読みにくくないよ!」と言ってもらえたんで
今後の苦情等は一切受け付けません(急に強気)

そういえば、そのmako姐さんが自分とこで
記事内リンクなどという暴挙に出てしまったんで
makoファンが大挙して押し寄せるかもしれません。

一応、正座をしてお茶の用意もございますが(気持ち的に)
失礼はありませんでしたでしょうか(でもジャージ)

わたくし、よそ様のサイトでは姿勢を正し
その記事にきちんと合った内容を、美しい日本語で
ムダに長くならないよう
空気が読めないヤツと失笑を買わないように

最善の注意と最高の敬意を払いまくって
コメントするように心がけております。

心がけていることと、それができているかは別問題(小声)

一応、兄さんだの姐さんだのパパだの
お名前省略だのはしておりません。あたりめーだ。

しかしながら。

「私は真摯にブログに取り組んでいるから
       バカ騒ぎの中には入れないでいただきたい」
という方も中にはおられると思うんです当然です。

ちょいと今日、教授さんのところで
ステキな記事内リンクの方法を小耳に挟んだんで
いつか使ってみよう!と思っているんですが
事前にお伺いを立てるのはめんどくさいので
「記事内リンクまかりならん!」
「ネタにされるなんてとんでもない!」という
極めて正常な方はひと言
「記事内リンク不可」「ネタ不可」と
コメントいただけたら幸いです。

もー言ったからねー!!
断られなければやっちゃうからねー・・ねー・・ねーーー・・!!

既に、不幸にもこのバカ騒ぎの渦中に置かれている
リアル友達含む、キクチが勝手にオトモダチにしてしまった皆さんは
非常に運が悪かった
サブタイトル「酒薔薇 寄生虫館」存続のために
諦めていただきたい。

でもホントに「不可」と言われたら
ガラスハートが砕けてしまうに違いないキクチです、こんばんは。

えっと~・・・

何かね、コレを読んでくださってる中学生諸君(約2名)に
非常に間違った認識をされてるようなので
今一度、申し上げておきます。

キクチ、普通に蛾とか蝶が好きなんじゃないんですよ?
や、実物でも写真でも見るのは好きですけど

食べたいとか飼育したいとか、あまつさえ
ニュージーランドで白い服を着て
集まってくる蛾に狂喜乱舞したいなどとは

ビタ一文思ってません。念のため。

デカい虫を見るのが好きなんです。

あ、でもねでもね・・・デカくなくても
いっぱいいるのはポイント高いかもしれません。
それも10匹とか20匹じゃなくて、何千何万も
束でかかってくるのがいいですねっ!
蟻とか蜂とか・・・レ( ̄□ ̄レ)バッチ来~い!!

ディーン・R・クーンツが書いた「ファントム」「ウィスパーズ」
リチャード・カーティス「スクワーム」
ショーン・ハトスン「スラッグス」
西村寿行「滅びの笛」「滅びの宴」「蒼茫の大地、滅ぶ」

ここらへんには
蛾とか
ゴキとか
なめくじとか
ミミズ(ゴカイ?)とか
ねずみ(虫じゃねえ)とか
バッタが

そりゃあもうえらいこっちゃな勢いで出てきて
ガンガン人間を襲います。

こーゆうのを、好んで読むのは
人としてどうかと思うんですが深く考えてはいけません。

実は昔々、お見合いの席で
「どんな本が好きですか?」という話になったとき
今、書いた作品を2,3冊言ったんですよ。

もっと何かアタマの良さそうな・・・
芥川とか三島とか柴田とか
或いは可愛らしい・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

うーわ全然浮かばねえ。

まあ、そのときも浮かばなかったんで
ハマって貪り読んでた本の題名を
つい、言っちゃったんですね。

この時点で、どんだけその見合いに
気持ちが入ってなかったかわかるってハナシ。

ところが、相手の方はあっさり答えたんです。

「ああ、それなら僕も読みました」

でええ~~~~~~?!?!?Σ(゚Д゚ノ)ノ

こんな本を好んで読むなんてどうかしています。

・・・お互い、同じ気持ちだったんでしょう。
・・・このお話は、無かったことになりました。

そりゃそーだ。

かつて、お付き合いしていた彼氏(理科系白衣)とのデートで
「どこに行きたい?」と問われたとき

「目黒寄生虫館!!!」

無邪気に答え、連れてってもらったことがあります。
「いや~ん!きもちわる~い!」などと
可愛らしく言って彼氏にすがりつく女の子と
「怖がりだよな~お前は~」などと
優しくその肩を抱く彼氏・・・という図式のカップルに
なるわけありませんよ断じて!

まだ、目黒にいるのかわかりませんが
全長12メートルのサナダムシに釘付け。
「うおー!すげ~~!」
まさにかぶりつき状態だったキクチと
「気持ち悪くないんだ?」と呆れ顔の彼氏。

その彼を思い出すときは必ず
ホルマリン浸けになった12メートルの
サナダムシが出てくるキクチです、う~ん、もっかい見たい!

だからね、虫が好き・・・っつーか
「あたしも蝶とか蛾が好きだもん」なんて
嫁入り前の娘(中学生)が言ったらダメなんだよ?

キクチと同じだなんて・・・・・・・・・・
喜んでる場合じゃないんだよマイちゃん!(わーちゃんの娘)

スポンサーサイト

Tavern:sakebara

たくろさん。

from キクチ
寄生虫仲間!
・・・そこはかとなくイヤな仲間チックです。
しかしながら、そんなことで怯むキクチではありません。
「もじかっくん」(使えないけど)
「名探偵と助手」(いつの間に)
「ジャイアン党」(ドラえもんでなく)
「聖子ちゃん、らもー」(何じゃそりゃ)と
たくろんさんとキクチは既に
深く濃く繋がっている予感満載です。
なので、ひと言ご忠告申し上げます。
目黒寄生虫館には、女子を連れてってはいけません。
特に娘ちゃんたちはNGですから。
一人で行って、近くにあるお蕎麦屋さんで
是非「きしめん」を味わっていただきたい。

mako姐さん。

from キクチ
姉さんじゃなく。断じてなく!
ところで・・・
雪、降ってるよ~~~!v(≧∇≦)v イエ~イ♪
お花畑の千葉がこんなんじゃ
雪国はえらいこっちゃじゃないですか?
姐さんとこの「カマクラ日記」が楽しみです。

教授さま。

from キクチ
その「許可」の文字に
何やら「上から目線」を感じるのは気のせいでしょうか。
くんずほぐれつ後ろから前から、福岡にお誘いいただき光栄です。
しかもジャージでいいなんて・・・ちょっとココロが動くじゃないですか!
是非いつの日か「生マグロ」を味わいに伺いたいと思います。
それまで鍛錬を怠らないようにねっ!!
追記:サナダムシ同伴を、許可いただけなくて残念です。

目黒寄生虫舘

from たくたくろ
目黒寄生虫館、実は私もいってみたかったのです。
私も以前、寄生虫に関して調べていたときに、目黒寄生虫館を知りました。
私はサナダムシより、ガッコウチュウの方に興味があったのです。
私も寄生虫仲間です。
あなたのブログに寄生して生きてるようなものです。

ひょえ~

from mako
いつのまにか・・・
姐さんになってるぅ・・・
姉さんじゃなく(ToT)

ま、いっか(^^♪
事後承諾ありがとさんです♪


許可

from 教授
僕のブログに書いてあるWeb技術は
独自に編み出したものではないので
ご自由にお使いください。

独自に編み出したものを知りたいときには
何か対価をいただきます。
具体的には、ジャージで結構ですので
福岡においでいただき、
一晩一緒に過ごしてください。
ただしさなだ虫の同伴は許可しません。(^_-)

welcome sakebara

ヒト言、言上仕る。
管理者にだけ表示を許可する

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。