sakebara~酒と薔薇の日々~

sakebara~酒と薔薇の日々~

何だかもうホントにすいません。
こんなヤツですが。

キクチ。

Author:キクチ。
別名:
マリーだったり
西園寺薫子だったり
くんこだったり

最近、書いたこと。
暦。

12 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

愛の言の葉。
ほぼ、意味ナシ。

一応カテゴリーらしい。

過去を振り返る。
繋がってます。
キャラクタ共有委員会。

オトモダチ。

オトモダチページへGO!

ウチの子。


ぺそぎん。
あわせて読むといい。

あわせて読みたいブログパーツ

優しさ感満載。

お世話になってます。

ネットサーフィンの鉄人


RSSフィード
Contador

------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20070628 Thu
・6/28 吉井がMに来るらしい。どーでもいいか。 

・6/28 吉井がMに来るらしい。どーでもいいか。 


一昨日のブログで書くのを忘れたんですが
火曜日、キャスリーンと映画を観に行って参りました。
『女帝~エンペラー~』

ハムレットを原案とした中国映画です。
主演チャン・ツィイー・・・
花王アジエンスのCMでお馴染みの女優さん。
う~ん、アジアン・ビューティー。

しかしながらキクチは、韓国映画とか中国映画とか苦手。
っつか,ぶっちゃけ嫌いなので、どうしても観たいわけじゃなかったけど
母が観たいと言ったから前売り買ったのに
忙しくて行けない・・・って何だよ。
そんなわけで、妹と二人で行ったわけですが。

大・失・敗。

公開からまだ一ヶ月経ってないのに、上映が一日一回とかね。
ローザなんかやってもいねえ。

・・・観客、キクチ姉妹含めて5名。。。。(ノ><)ノ ヒィ

しかも長え。2時間・・・厭きました。

感想。辛気臭い。以上。

DVDは出ても借りないほうが良いでしょう。

以上、身もふたも無い映画プレビューをお送りしました。
上映中、何度も寝てしまいそうになったキクチです、こんばんは。


さて。
昨日、校長先生との面談に行って来ました。夕方5時に・・・
他のお母さん方は別の日に、既に何人かが行っていたようで
今回はキクチとS君のお母さん2人。

何しろ激昂すると何を言い出すか予想がつかない人ですから。
校長先生とも、何回か話をしているのに
まだ言い足りない人ですから。ヾ(ーー )ォィ 

そんな彼女がヤバイ状態になったら
キクチは大人としてそれを阻止せねばなりません。ある意味使命感。
いったい何をしに行くんだろうアタシ・・・などと思いながら
校長室に入ったんです。

まあ、予想通りと言うか・・・
彼女は担任に対する不満を、それでもかなり抑えて申し述べていました。
それについては、キクチも同意する部分が多々あったので
黙って拝聴していた次第です。

校長先生のお話を要約すると

・担任には、参観日の前から何度も校長自らが教育的指導をしていた。
→つまり、今回の大騒ぎになる前から保護者からのクレームがあったわけだ。
・参観日を学級会にすることについて、学校側も危惧していた。
→事前に担任に「大丈夫なのか?」という確認を何度もしていたらしい。
・参観日後、保護者からの電話が多くなったので
 担任に対して校長が更に数回の指導をした。

このあたりで担任が、体調不良を理由に休んだんですよ学校を。
そして、出てきた日に重大な決意を校長に伝えたらしいです。
その重大な決意が何であるか、校長は明確に教えてくれませんでしたが
おそらく辞意を表明したものと思われます。

「辞めたいなら辞めさせればいいんじゃないですか」(S君母)

まあ、それはそうなんだけど、そんな簡単に投げ出していいもんじゃないでしょう。
首を挿げ替えれば済むという問題じゃない。
例えば、今の担任が辞めて新しい担任になったとしても
子供たちの中に「俺たちが騒げば親も騒いで先生は辞める」という考えと
悪例を作ってしまうことにもなりかねないわけです。

あの参観日と、その後の担任との電話でキクチが感じたことは
「教師と生徒の間に信頼関係が築かれていない」ということでした。
ぶっちゃけて言うと「教師も生徒も、お互いを嫌ってる」

・・・どっちが先か・・・っつー話なんですよ。

(一部の)生徒が余りにもおバカさんで言うことを聞かないから嫌いになった。
先生が自分たちの言い分をきちんと話を聞いてくれないから嫌いになった。

今回の場合、先に仕掛けたのは生徒だとキクチは思っています。
だからそれも校長先生に言いました。

先生も人間だから、言うことを聞かなければ
『お前らふざけんな!』って気になるのもわかる。
あの参観日を見れば、子供たちがあまりにも無礼で
普段もあんな状態なんだろうなということは安易に想像できる。

昔と違って、ぶっ飛ばせば済む時代じゃないから
先生も気の毒だと重々承知の上であるが
大学卒業したばかりの新任教師でもないベテランなのに
生徒の人心掌握がなっちゃいない。あまりにも稚拙。

確かに、中にはまったく放任している親もいると思うが
大部分の親は、当たり前のことを当たり前にできるように11年間育ててきたわけで
それができていないのは親の責任だと言われたらグウの音も出ないが
学校でいけないことをしたとき、その場で親が怒ることは不可能である。
家ではおりこうにしていても、学校では・・・という子もいる。
だから、学校でいけないことをしたら学校できちんと指導していただきたい。
担任は、その部分を最初に怠ったのではないだろうか。

ウチの息子は、どちらかといえばやられてしまう側であるが
こうしてSさんと話をしたら、息子にも非があった。
担任が言うように、闇雲に相手が悪い・・・は
感情だけでモノを言っていて理性が感じられない。
誰かを一方的に悪者にしたり攻撃したりすれば、子供ばかりでなく
親も反発するのは当たり前で、そんなのは教育に素人の私でもわかること。

自分にも覚えがあるが、怖い先生というのは、嫌われる先生とは違う。
厳しかった先生は、何十年経っても覚えているものだし
それは決して嫌な思い出ばかりではない。

担任がどういう教育理論を持っているかわかりかねるが
少なくとも私は、安心して子供を預けておけないという危機感を持っている。

途中、Sさん小さく拍手とかしてるし。
・・・バカかオマエは!
こっちはしゃべりながら胃がキリキリキリキリ・・・・・

で、校長先生のお話。
・学校側としても、このままではいかんので
 担任観察の意味も含めて、自校教員による授業監視をする旨を伝えた。

学級担任にとって、担任観察あるいは授業監視は
教育者としての技量を問われているということなので
大変プライドが傷つくわけですよ・・・そりゃそーだ。

「あんた一人ではダメだから見張ってる」ってゆーことだもんね。

しかしながら、担任のプライドを守っていたら
子供たちの、通常の授業を普通に受ける・・・という権利が侵されてしまう。
そっちの方向で攻めた親もいたみたいです。

・今日明日で解決する問題ではないけれども
 早急に何とかしなければいけないということは認識しているし
 学校でも『4組再生プロジェクト』なるものを立ち上げた。

なるほど。地上の星。田口トモロヲ。

ただね・・・思ったんですよ。
校長以下、教頭や教務主任等々、先生方の情熱が果たして
きちんと担任に伝わっているのか。
(たぶん)辞める気があった担任が、そこらへんをどう考えているのか。

それを校長に言ったらば、しばらく黙った後
「Y先生も、理解しています。彼にとっても背水の陣ですから」

あそ。

「我々も頑張りますので、どうかご協力ください」

うん、わかった。

・・・この間、2時間・・・超え。女帝と同じ。でも厭きなかった。

家に帰ったら7時半ですよ!
しかも、男子チームじ~っと待ってやがった。バカかお前ら!凸(▼▼メ)
缶ビールがぶ飲みしながらゴハン作りましたキクチ。偉い。

つ~か~れ~た~・・・つ~か~れ~た~・・・

今後、どーゆー方向に向かっていくのかは神のみぞ知るです。
ただ「何かお話があったら、いつでも校長室にきてください」と言われたので
何かあっても、もう担任を通さなくていいらしい。

・・・それもどうかと思うけどね。

さあ。
何だか長々と、辛気臭いネタで引っ張ってすみません。
体調はまだ十分じゃないんですが(長い病み上がり)
そろそろモードチェンジしないと飲み会に参加できませんってハナシ。

ホントに楽しみだよ30日・・・(切実)

スポンサーサイト

Tavern:sakebara

welcome sakebara

ヒト言、言上仕る。
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

http://kikuchikuwa.blog23.fc2.com/tb.php/41-2ca376b0

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。