sakebara~酒と薔薇の日々~

sakebara~酒と薔薇の日々~

何だかもうホントにすいません。
こんなヤツですが。

キクチ。

Author:キクチ。
別名:
マリーだったり
西園寺薫子だったり
くんこだったり

最近、書いたこと。
暦。

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

愛の言の葉。
ほぼ、意味ナシ。

一応カテゴリーらしい。

過去を振り返る。
繋がってます。
キャラクタ共有委員会。

オトモダチ。

オトモダチページへGO!

ウチの子。


ぺそぎん。
あわせて読むといい。

あわせて読みたいブログパーツ

優しさ感満載。

お世話になってます。

ネットサーフィンの鉄人


RSSフィード
Contador

------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20080811 Mon
タントに罪は無い。 

タントに罪は無い。 

「夏ごろには追いつかれそうだな・・・」と思ってたんですが
大当たりでした@息子の身長。

子供って、体温が高いじゃないですか。
・・・近くにいると暑(熱)いんですよ。
だから、なるべく近寄るな!と申し渡してるんで
今まで気づかなかったんですけどね。

あーなんかデカくて邪魔ー・・くらいで。

が、とうとう同じになりました160センチ。あらやだ。
あーもちろん横もデカくなってます順調に丸く。まるんまるん。

そんな息子と、ダンナはそれほど体型が変わりません。
むしろ、後姿だけならどっちかわからない丸父子です。

・・・わーまるーいウザーい。

昨日その、我家の誇る丸コンビがプールに出かけました。
何でも、会社の人・・・連日、息子がバイトのときにお世話になってる
東田さんfamilyとご一緒させていただくと。

そんで、ウチからクルマで約10分のプールまで
送ってくれと言うんですよ。

・・・向こうでビール飲むからさー・・・と。

いいのかよ・・・酒飲んでプール。
だけど、売ってるんだってプールdeビール。マジで?
しかも、東田さんも相当の呑み助なんでこれはもう仕方ない。

まーアタシも、どーせTVに張り付いてるだけだし?
うん、送って行くのはいいんですが
帰りはどーすんだ?ってことになるじゃないですか。
まーアタシも他に出かける用事なんかビタ一文無いし?
うん、迎えに行くのはいいんですが
スカパーで再放送する、五輪野球アジア予選の台湾戦を観ながら
ビールなんか飲んじゃうわけにはいかないじゃないですか。

もし迎えが必要なら、きちんとお願いしたまへよ?妻or母に。
申し訳ありませんが、ビールを我慢して迎えに来てくださいと。

黙ってても来て貰えるなんて
  思い上がるのもいい加減にしろよ?
ってハナシ。

や、別に思い上がっちゃいないだろうけども。

「キミら、帰りはどーすんのさ?」

そしたらね
「東田君の奥さんが送ってくれるかもしれないから」
って言うんです。
あそっか!アチラはfamilyでいらっしゃるんだっけね。
パパが飲んだくれちゃっても、優しいママが運転だ!
そして息子中一と小3の2人。ナイス仲良しfamily。ぐっじょぶ。

Σ┌| ゚o゚|┘ハッ
普通はさ・・家族で行くもの?プール?
それがfamilyのあるべき姿?
でもウチはプールだけじゃなくどこかに出かけるときまず間違いなく
「お母さんも行こうよ」とは言いません。

だって貴方の母(妻)は、お外に出ると灰になってしまうから。
さらさらさらー。

余談:
16日土曜日、マリンのナイターに誘われたんですよ楽天戦。
だけど断りました。だって!!その日は五輪の韓国戦だよ?!
マリーンズ応援してる場合じゃないでしょう?!
そんな大事な日に出かけるなんてあり得なーい!!(キクチ的に)
・・・余談終了。

でも、東田さんちは可愛い奥さんが水辺で遊ぶ夫と子供を
「もー!陽に焼けちゃうわー!」とか言いつつも優しく見守るらしい。
そして酔ったパパの代わりに帰りはママが運転。
なるほど、あるべき姿。
そんじゃ申し訳ないけど送ってもらいたまへよ・・・とは思ったものの。
アレ?東田さんのクルマって、6人乗れたっけか?
たしか・・・タント(byダイハツ)じゃなかったっけ?
そっか!通勤用とは別に、奥さん専用の違うクルマがあるんだな。

妻:「東田さんちのクルマには6人乗れるんだね?」
夫「どうかな・・・タントだし」
妻「はい?」
夫「ぎゅうぎゅうに詰めれば乗れないことはない」

・・・Once again, let's hear it.(もう一度聞いてみましょう)

ぎゅうぎゅうに詰めれば乗れないことはない」

・・・repeat after me.(私の後に繰り返します)

ぎゅうぎゅうに詰めれば
        乗れないことはない


ぎゅうぎゅう?

・・・・・・・乗れねーよ!!(たぶん)

ていっ!(ノ-_-)ノ・・・~~┻━┻ていっ!(ノ-_-)ノ・・・~~┻━┻

百歩譲って6人乗れたとしてもそれは
スリムとか痩せてるとか小柄とか小さいとか
そーゆう形容詞で表せる人たちのことであって
標準よりデカくて丸い小学生男子と
標準より小さいけどメタボ満載の成人男子は当てはまらないんだよ。

しかも、東田さんちのご子息2名はデカい。
中学一年のお兄ちゃんは、カイよりデカいんだぞ。

どーやって乗るつもりだよ。

そりゃ昔はね、5人しか乗れない車に9人乗ったよ若い頃。
マジでぎゅうぎゅう。重なり合って詰ってました。
でも、酔っ払ってるから気にしない気にしなーい!
「もしおまわりさんにつかまっても、怒られるのオマエだからー!」
って、助手席で悠々と座ってたのはキクチさんという美しい人。

・・・回想終了。

だけど今回は、仲良しfamilyの中に丸父子。
重なる?誰と誰が?萌えねーっっ!!←違います。

想像しただけで、運転席に座る東田夫人が可哀想。
メーワク千万。アタシだったら絶対に断る。

「本気でそう思うんなら『乗せてください』ってお願いしなね?」
→真顔で言ってみた。
「すみません、迎えに来てください」

最初からお願いしろよ。ぎゅうぎゅうとか言ってないで。

ふーやれやれ。

スポンサーサイト
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。