sakebara~酒と薔薇の日々~

sakebara~酒と薔薇の日々~

何だかもうホントにすいません。
こんなヤツですが。

キクチ。

Author:キクチ。
別名:
マリーだったり
西園寺薫子だったり
くんこだったり

最近、書いたこと。
暦。

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

愛の言の葉。
ほぼ、意味ナシ。

一応カテゴリーらしい。

過去を振り返る。
繋がってます。
キャラクタ共有委員会。

オトモダチ。

オトモダチページへGO!

ウチの子。


ぺそぎん。
あわせて読むといい。

あわせて読みたいブログパーツ

優しさ感満載。

お世話になってます。

ネットサーフィンの鉄人


RSSフィード
Contador

------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20080519 Mon
そんなに嫌わなくてもいいじゃん。 

そんなに嫌わなくてもいいじゃん。 

相変わらず、寝るときは足を出して寝ることが出来ません。
「得体の知れない何か」は怖いけど
「ならば得体が知れていればOKか?」と言われたら
・・・実は全然OKじゃないB型のキクチです、こんばんは。

先週の土曜日は二週間ぶりのお仕事だったんですが
例の「タケダさん」はレシピ担当じゃなかったんで
絡むことができませんでした。
またまたお約束のように、レシピに足りない野菜があって
何を代用するかの打ち合わせを
できれば彼としたかったんですが残念。

それにしても・・・キクチいつかは社会復帰できるんでしょうか。
何だかもう、人と接するのが怖くてしょーがないんです。
良い意味でなく、悪い意味で「空気が読める」ので
身動きが取れなくなったりしてしまいます。


ここに一人の介護職員さんがいます。
仮にお名前をアガワさんとしましょう。年のころ20代半ば。
彼女がね・・ちょっとキクチが苦手系なお嬢さんなんで、もー大変。
毎日顔をつきあわせているなら
円滑にお仕事するために我慢することもできるだろうけど
ひと月に二回くらいしか顔を合わせないなら、別にいっか・・などと
思っちゃってるところが間違ってる・・・うん
自覚は、ある。<( ̄┏Д┓ ̄)>えっへん!

や、ケンカ売ったりはしませんよ?一応オトナですからね。
それに、介護をしてる彼女はとってもいいお嬢さんなんです。
優しくて気さく。
おそらく利用者の方々からは、可愛い孫娘という感じで
見られているのが、厨房から見ててもわかります。

が。

何故か・・無視されるか突っかかられるかしてるんですよ私。
ちょー不思議ー。

まず、挨拶されない。
「おはようございます」言ってもスルー・・漏れなくスルー。
そりゃあもう清清しいほどです。
見えてないのかアタシ?痩せてるから?などと
自分の思考に傷つくツッコミを入れる勢い。

これが入った当初からなんですよ。怖い。。。(ノ><)ノヒィ

先日のメインは「豆腐入り一口揚げ餃子」
もうこれだけで「オマエ、何考えてんだよ?」的なチョイス。
この前の「とろろ揚げ」に匹敵するめんどくささ。
まあ、餃子に関しては自信を持ってますからいいんですが
それは材料がきちんと揃っていて・・という前提です。
一口サイズとはいえ・・豆腐が入るとはいえ
予定150個分の餃子にニラが一束しかねーし。
キャベツも白菜も無いし。ひき肉も100gしか無い。

通常、700~800gのひき肉、4束のニラ、キャベツ丸ごと
その他諸々を餃子の具にしてるキクチですので
そーりゃあもー少ないわけです。
冷蔵庫をあさりながら打ち合わせしてるとき
「えっと・・他に何か入れる材料が無いと
       150個分はきついですよ」と言っても
「でも・・他って何を入れるんですか?」ってさ、聞くなよアタシに。
「じゃあ、ネギを多めにします。
   あと、干し椎茸があるから戻して刻みましょうか?」
「でも、そんなのこのレシピには書いてないですよ」

ならキャベツ買って来~い!ていっ!(ノ-_-)ノ・・・~~┻━┻ ←心の中で。

「あるもので代用しましょう」という所長さんのひと言で
だから最初っから言ってるじゃんかよ!という
キクチの心の叫びは奥底にしまったまま作り始めたんです。
わーオトナ。

餃子を包むのは得意ですからね。<( ̄┏Д┓ ̄)>えっへん!
手際よく、さくさく包んでたんです・・・だけどね
明らかにカタチがばらばらなんですよ。
私が包んだやつはスタンダードに餃子なんですが
所長さんが包んだやつはワンタンちっく。

「キクチさん上手ねー。いやだわー私、へたくそでー」
って、何か可愛い。
「や、要は食えりゃいいんです」
とかどーしょもないフォローを入れながら
自分の担当100個を包み終えた時点で揚げに入りました。

でも、揚げてみたらそのワンタンちっくの方が
早く揚がるのね平べったいから。
うーん、同じようにすれば良かった。
キクチちょっと失敗。テヘ(* ̄ー ̄)>

さて。
相変わらず一人で大騒ぎしながら150個を揚げ終え、いただきます。
なるべく邪魔にならないよう、静かに、黙々と食事に専念しました。
みなさん「美味しいねー」って食べてくれてたんで心ん中で狂喜乱舞。
そしたらね・・・アガワさんがこう言ったんです。

「この揚げ餃子、カタチがばらばらですねー」

出ましたダメ出し!!Σ(゚Д゚ノ)ノ

・・・職員テーブル、一瞬、沈黙。ひー。

まー確かにばらばらですよ。だってワンタンと餃子だからカタチ的に。
だけどさ、鬼の首取ったように言うかフツー。
思っても、言わねーだろオトナとして。
周りの職員の方々が「そうかなー・・美味しいよー」と
フォローを入れてくれて、所長さんが

「ごめんなさいね、こっちのキレイな方はキクチさんが包んだのよ。
                  この不恰好な方は私が包んだの」

って言ってくれたときの申し訳なさったらアンタ!

でも、何も言うまいと。包み方の指示まで出されてねーし。
餃子は、かくあるべきだと(言い切った!)

なのに、何このいたたまれなさ。
そんな空気の中でタケダさんが
「今度、僕の担当のときはキクチさんに焼き餃子をお願いするね♪」と
(気持ち的に)♪つきで言ってくれなかったら
どうなっていたか・・・考えるだけで怖いです。ナイスだタケダさん!!

まーさー・・人間、どうしても相容れないヤツっているもんです。
それはわかる。わかるけど、もーちょっと何とかならんかアガワさん。
アタシは別にいいんだけど、みんな、ハラハラしてると思うよ?

「もし良かったら月曜日も入ってもらえないかしら?」
って言われてるんですが、とりあえず保留にしてもらってます。
だって怖いんだもん・・・自分がキレそうで。そっちかよ。

さて・・次回はどんなネタになってくれるんでしょうか。
どっちかってばタケダさん希望。

スポンサーサイト
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。