sakebara~酒と薔薇の日々~

sakebara~酒と薔薇の日々~

何だかもうホントにすいません。
こんなヤツですが。

キクチ。

Author:キクチ。
別名:
マリーだったり
西園寺薫子だったり
くんこだったり

最近、書いたこと。
暦。

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

愛の言の葉。
ほぼ、意味ナシ。

一応カテゴリーらしい。

過去を振り返る。
繋がってます。
キャラクタ共有委員会。

オトモダチ。

オトモダチページへGO!

ウチの子。


ぺそぎん。
あわせて読むといい。

あわせて読みたいブログパーツ

優しさ感満載。

お世話になってます。

ネットサーフィンの鉄人


RSSフィード
Contador

------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20080513 Tue
本棚には「殺人事件」がいっぱい。 

本棚には「殺人事件」がいっぱい。 

今年に入ってから、めっきり読書の時間が減りました。
→マンガじゃなくって、小説ね。

買ってあるのに未読が2冊。わー大変。
しかも、海外作品ハードカバーときたもんだ。ひー。

キクチは最近、本を読むとき「続きは後で・・」ができません。
ある程度、登場人物を把握したら一気にが~っと読んで
後からじっくり読み返す・・・というパターンでの読書です。
まあ、本の厚さ(ページ数)にもよりますが、だいたい半日あれば
「こんな感じの内容だった」と言える程度に理解してる・・はず。

昔は「チョコチョコ読み」ができたんだけどな・・・
朝の通勤バスで読んで昼休みに読んで
夜はフトンの中で眠くなるまで・・・とか。

今はダメ・・・忘れる。キレーに忘れる。
あれかな・・有り余る時間を自分のためだけに使えるというのが
逆効果なんでしょうか。
あとパソコンが原因だったりもするのか。
電源入れちゃったら、本は読めないからなー。

先日・・お紺さんのとこでコレの記事を拝見しました。

冷血 (新潮文庫)冷血 (新潮文庫)
(2006/06)
トルーマン カポーティ

商品詳細を見る
カポーティは知らなくても「ティファニーで朝食を」は知ってるよね?
同じ作者です・・・マジで。

以前、読んだことがあるぞ!って思って家捜し。
5つの本棚の他に、納戸やベッド下にまで本があるんで
時間がかかるんです。分類なんかしてないし。
ハンコやメガネを筆頭に、我家のモノ全てには意思があり
自分探しの旅に出たりするんですよ。どっか行っちゃうわけ。
なので本も然り。

どーこ行っちゃったんだよ~う!!

だけど、本を探すのって冗談じゃなく時間がかかります。
お目当ての本じゃなくても、久しぶりに手に取れば
「わー懐かしい~」とか思っちゃって?
ちょいと読んじゃったりするともー大変。

・・・熟読中・・・熟読中・・・Σ┌| ゚o゚|┘ハッ・・1時間経過。

こんなことを繰り返し、上記「冷血」の他に見つけたのが
幻の女 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 9-1))幻の女 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 9-1))
(1976/04/30)
稲葉 明雄、ウイリアム・アイリッシュ 他

商品詳細を見る

僧正殺人事件 (創元推理文庫)僧正殺人事件 (創元推理文庫)
(2000)
井上 勇、ヴァン・ダイン 他

商品詳細を見る

長いお別れ (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 7-1))長いお別れ (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 7-1))
(1976/04)
清水 俊二、レイモンド・チャンドラー 他

商品詳細を見る

あと、コリン・デクスター「キドリントンから消えた娘」とか
アイラ・レヴィン「死の接吻」
有名どころ(?)だと、ロバート・ブロック「サイコ」
トマス・ハリス「羊たちの沈黙」
スティーブン・キング「ミザリー」etcetc・・・止まらん。

我家の1階には「書庫」と呼ぶ小部屋があるんですが
ず~っと篭ってました寒いのに。
ほとんど掃除しないからホコリっぽいのに。掃除しろ。

→コーヒーとタバコと座布団持ってね。
→黙って篭ってたんでダンナと息子に探されました。

で・・・あった!・・・ら、読みますよそりゃ。
どんなだったかな~?って・・・そしたら半日なんか直ぐです。
特に海外作品の場合、登場人物の把握だけでも
かーなり時間がかかるんで「あれ?この人・・誰?」って
ちくわぶみたいにすっとぼけたりもしちゃうんです。

そんなことをやってたらブログが書けなくなりました。
先日3日間更新が止まったのは、体調が悪かったのもあったけど
・・・プチ読書週間だったから(小声)

さて。
本好きの諸兄は、どんなふうに読む本を決めますかね。
本屋さんに直接行って選ぶ?
→「お?」と思ったやつを手にとってちょっと読んでみる。
→至福の時だよね・・・うっとり。
ん~・・そんな時間が無いからAmazonとかセブンとか?
→これも楽しい。多少の粗筋もわかるし。

例えば、好きな作家さんの作品の新刊なら
何も気にしないで購入しますが
何か面白そうなのは無いかな~?と思ったとき
キクチは「ガイド本」を見て決めたりもします。
「このミステリーがすごい」とかね・・ここ何年か買ってないけど
一時期は「このミス」を買ってから読む本を決めてました。

「冷血」を含む前述の作品は、おそらくそんな類のガイド本が
「ミステリー好きならコレだけは外しちゃいかん!」
って感じで薦めた一級品ばかりじゃないかと思われます。

恋愛モノやSF、ファンタジーは守備範囲外・・ということが
お判りいただけましたでしょうか?
こんなところでも「非常に偏った趣味」であることが判明。

鮮血どば~~!脳髄ぐしゃ~~!は映画じゃなくても
レ( ̄□ ̄レ)バッチ来~い!!な勢い。

・・・まー細かいことは気にすんな。


そんなわけで、再読だ再読!!と思った何冊かを
自室に持ち込みました・・心なしか、鼻が痒いんですけど何故。

え~っと~・・・まずは・・・
ホコリを取る事から始めなければなりません。
少なくとも、結婚後は読んでないから
13年間・・・以上は放置してあったシロモノ。ひー。

でも、読み返すのがちょっと楽しみです。
たぶん、どっぷりとハマっちゃうんで・・・

・・・更新できなかったらゴメン(←確信犯)

スポンサーサイト
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。