sakebara~酒と薔薇の日々~

sakebara~酒と薔薇の日々~

何だかもうホントにすいません。
こんなヤツですが。

キクチ。

Author:キクチ。
別名:
マリーだったり
西園寺薫子だったり
くんこだったり

最近、書いたこと。
暦。

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

愛の言の葉。
ほぼ、意味ナシ。

一応カテゴリーらしい。

過去を振り返る。
繋がってます。
キャラクタ共有委員会。

オトモダチ。

オトモダチページへGO!

ウチの子。


ぺそぎん。
あわせて読むといい。

あわせて読みたいブログパーツ

優しさ感満載。

お世話になってます。

ネットサーフィンの鉄人


RSSフィード
Contador

------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20080429 Tue
たまには読書でもしようか・・マンガではなく雑誌から。 

たまには読書でもしようか・・マンガではなく雑誌から。 

最近、全然本を読んでいません。
本・・っても、アレですよ?マンガじゃないですよ?
マンガは毎日読んでます。特に「ダイヤのA」
5巻と6巻は、寝る前に必ず読んで泣いてます(バカ)

ブログを書き始める前は、結構読んでいたんですがね。
読むヒマあったら書かないと!などと思っちゃって
読書の時間を作りませんでした。いかんいかん。

ちっさい文字を読むのがしんどくなった・・・という気が
しないでもないんですが・・うわーヤダ。

そんな私は、雑誌『Number』(やきう関連のみ)の愛読者です。
『Number』・・・ご存知か?

Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2008年 4/24号 [雑誌]Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2008年 4/24号 [雑誌]
(2008/04/10)
不明

商品詳細を見る


やきうの記事をメインにしてるときだけ購入。
そして保存しとります。

この4/24号は、パ・リーグが今、どんだけ熱いかを
ダル君メインで特集してるんですが
一番面白かったのが川藤さんと達川さんの対談でした。
この、名前だけで十分笑いが取れるお二人(失礼な!)が
セ・リーグは今のままじゃアカン!
パ・リーグを見習わなきゃアカン!と嘆いておられます。

ページの都合で、かなり割愛されてるだろうし
中途半端な終わり方でめちゃめちゃ消化不良。
これ、TVでやったら絶対に観るんだけどな。

あと、桑田の「引退秘話」とか清原の「番長の花道」とか
けっこう泣かせます。

やきう関連の雑誌は他にもいっぱい出てますが
キクチはこれしか読みません。
なんというか・・・文章がカッコイイんですよ。
あーでも、いろんなライターさんが書いてるから
全部がカッコイイわけじゃないですけどね。

イチローがメインだとカッコイイ記事、多し(当社比)
そんな「イチローのWBC」と言われた
第一回ワールドベースボールクラシック優勝おめでとう号。
Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2006年 4/13号 [雑誌]Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2006年 4/13号 [雑誌]
(2006/03/30)
不明

商品詳細を見る

キクチ溺愛の、楽天マー君メインはこの号。
Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2007年 8/30号 [雑誌]Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2007年 8/30号 [雑誌]
(2007/08/17)
不明

商品詳細を見る

やきう好きに限りますが、ここら辺はオススメです。
そして、よりコアなやきうマニアにはコレ。
日本野球25人私のベストゲーム (25th Anniversary Sports Graphic Number 創刊25周年記念出版)日本野球25人私のベストゲーム (25th Anniversary Sports Graphic Number 創刊25周年記念出版)
(2006/01)
スポーツグラフィックナンバー

商品詳細を見る
江夏の21球は圧巻。
というか、江夏の21球といえば!!
95年に46歳の若さで亡くなった
ノンフィクション作家、山際淳司氏のこの作品。
スローカーブを、もう一球 (角川文庫 (5962))スローカーブを、もう一球 (角川文庫 (5962))
(1985/02)
山際 淳司

商品詳細を見る


山際さん以降の、スポーツライター(と名乗る方々)で
好きな人が出てきません。な~んか偏っててイヤだ。
まあ、それがウリなのかもしれないけど。
っつか、キクチが知らないだけかもしれないけど。


ところで。
月刊誌はいいんですが週刊誌になると・・・
なかなか定期購読できません@貧乏。
よっぽど読みたい記事があれば買うけど
ほとんどが立ち読みです・・情けないことに。

その昔、OLだった頃は「週刊文春」「週刊新潮」は
セットで毎週買ってました。
仕事で、都内に行くこともけっこうあったので
じっくりゆっくり読むことができた時代・・・懐かしいな。

そして、それを読んでることを知った後輩の男の子
山下君21歳に、こんなことを言われてました。

「キクチさん、こんなの読むんですか?
         これってオヤジの雑誌でしょ?」

・・・・・・・・・・・はい?

文春や新潮って、オヤジの雑誌なの?ひー。

だって「OL委員会」とかあったよ?
っつーか、アタシ、会員だったよ(古っ)

「こんなの読んでるから嫁にいけないんですよ~」

とか言われてました。
や、問題はそこじゃないんだよ山下。

今だったら、立派に「セクハラ」な発言も
全然OKだった時代です。わー懐かしい。

今、どうしてるかな山下。
キクチはちゃんと嫁に行ったけど
オマエは無事に嫁をもらっただろうか・・・Σ┌| ゚o゚|┘ハッ

いかんいかん、しみぢみしちゃった!

最近、オサレな美容院ではオサレな女性が読む
美しいグラビアページ満載の雑誌を置いてます。
ステキなマダムたちが、ステキなお洋服と
ステキな靴やバッグでステキなレストランに行き
ステキなランチをステキに食べるんです。

あるいは。
ステキなインテリアとステキなキッチンで
ステキなお料理を作りステキなお友達を呼んで
ステキなホームパーティー。

もーステキでお腹一杯です。

いいなー・・こんなステキライフ・・・いいなー・・・

・・・・・・・・・・・・ていっ!(ノ-_-)ノ・・・~~┻━┻

ステキ以前に、ドリンクバーが無いところには行きません。
ステキ以前に、家の中に他人を入れられません。

朝日芸能や週刊ポストを置けとは言いません。
だけどせめて、週刊女性くらいは置いていただきたい。
リフレッシュするための美容院で
ストレス溜めさせんなっっ!!!ていっ!(ノ-_-)ノ・・・~~┻━┻

ささやかなキクチの願いを叶えたまえ。


・・・ん?読書・・・の・・・話?il||li _| ̄|○ il||li

スポンサーサイト
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。