sakebara~酒と薔薇の日々~

sakebara~酒と薔薇の日々~

何だかもうホントにすいません。
こんなヤツですが。

キクチ。

Author:キクチ。
別名:
マリーだったり
西園寺薫子だったり
くんこだったり

最近、書いたこと。
暦。

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

愛の言の葉。
ほぼ、意味ナシ。

一応カテゴリーらしい。

過去を振り返る。
繋がってます。
キャラクタ共有委員会。

オトモダチ。

オトモダチページへGO!

ウチの子。


ぺそぎん。
あわせて読むといい。

あわせて読みたいブログパーツ

優しさ感満載。

お世話になってます。

ネットサーフィンの鉄人


RSSフィード
Contador

------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20080426 Sat
今、キミが高校生だったなら、母だってこんなことは言わない。(たぶん) 

今、キミが高校生だったなら、母だってこんなことは言わない。(たぶん) 

さあ、今日の夜は何にしようかな・・と思いながら
夕飯の買物をしていて、こんなものを見つけました。
ぱぱ。バカ田大卒。
ペロテイチョコレート。

サンデー・マガジン50周年記念
グリコジャイアントペロティなんだそーだ。

マガジンと言えば!!
わたくしが今ハマリまくっている「ダイヤのA」とか
「トッキュー!!」とか「さよなら絶望先生」とかあるんじゃん?!

結城さんとか純さんとか真田さんとか命先生とかを
ペロペロしてもいいんですか?ひゃっほう。
もー思いのたけ、舐め回しても、誰にも文句言われないわけですよ。
買いでしょうこれわ!!


・・・・・・・・・・・・どこ?わたくしの真田さんはどこに?

・・・・・・・・・・いなかった・・・il||li _| ̄|〇 il||li

あったのは「はじめの一歩」とか「エイトマン」とか「結界師」
わーざ~んね~ん。

なにやら、イチゴ味でメロン味でバナナ味らしいです。
どんなだよ。
一個では息子とケンカになるので(マジで)
もう一個お買い上げです。
吟味に吟味を重ねた結果、コレにしました。
ひうま。ちょっと暑苦しい。
わー濃い。

裏に「名作の名シーン」とか書いてあって
なかなか面白かったです。
たぶん、全国の大手スーパーで入手可能・・じゃないかな。
お好きな方は是非。

味ですか?え~っと~・・・・・・・・・・・


・・・・・・びみょ~。

だって考えてみて?イチゴ味でメロン味でバナナ味。

チャレンジャーは是非。
たとえ、お口に合わなくても
ビタ一文責任は負いかねるキクチです、こんばんは。


さて。
最近の愛読書「さよなら絶望先生」を息子が読み始め
何かやらかして怒られる度に言うんです。

「絶望した!今のお母さんの言葉に絶望した!」

何こいつ?
すぐに漫画に影響されちゃうなんて、誰の血?

母はここんとこ、平穏に日々を過ごしているのから
イヤなニュースとかを極力見ないようにしてるから
あまり絶望しなくなってよ?

・・・やきうを観ないからか。

っつーかさ、お母さんに怒られる程度で絶望してたら
この先キミを待ち受けているであろう
多くの艱難辛苦には鉄板で耐えられまい。

獅子は、千尋の谷に我が子を突き落とすのだ。
傷だらけで這い上がってきたところを
更に突き落とすのはこの母だけだけどね・・てへ(* ̄ー ̄)>

さて・・そんな可哀想な息子のことなんですが。

先日、ウチと同じ男の子一人っ子のママ友達から
こんなことを言われたんですよ。

「ねえ、カイ君はちゃんとちんちん洗ってる?」
「・・・・・・はい?」

いや、普通にこーゆう話はしますママ友達と。
声変わり?と思ったときとか。

だから、こんな話もする。→『2007年5月10日の日記』

わー懐かしい筆洗い。

だけど、この彼女とはあまりこういった話題では
今まで盛り上がったことがなっかったので
キクチ、ちょっとびっくり風味。

まーその彼女が言うには
洗うことを疎かにしていた結果、ご令息の
大切なちんちんが大変なことになったと。

詳しくは省きますが、ウチらの息子たちの年代って
幼稚園の頃ね、ちょっと流行ったんですよ。

泌尿器科で、先っぽの皮を切る儀式が。ひー。

幼稚園のオトモダチで、知ってるだけでも3人は経験者。
「大絶叫だったよ~!」

・・・そりゃそーだろー・・健康な皮膚にメス入れんだから。
・・・痛くなかったら怖いよ逆にさ。

「カイ君って、まだ一緒にお風呂入ってる?」
「や、全然・・・もう何年も入ってないよ一緒になんか」
「気をつけたほうがいいよ~?すごいから」

何がすごいのか書くのは控えますけども。
それを聞いてヤバいな・・と思ったのは事実。

何しろ、息子と最後にお風呂入ったのは・・・
覚えてないくらい前です。
今6年生だけど、3年生くらいんときに何回か入った?くらいで
全然記憶が無いんですよアタシ。
父親とだって、たぶん4年生になった頃から入ってないと思う。
去年の夏くらいまでは、お風呂上りにマッパで
居間に入ってきたりしてたけど、そーいえば最近無いな。

というわけで、その後の息子との会話。

「あのさー・・アンタお風呂でちゃんとちんちん洗ってる?」
「・・・・・・洗ってるよ!」
「なんか、ちゃんと洗わないとえらいこっちゃらしいよ?」
「・・・・・・だから洗ってるってば!!」
「つかぬことを聞くけどさ、ムケてる?」
「・・・そんなのわかんないよ!」

何やら全てがケンカ腰で返答。
気に入らないわねその態度。
わたくしを誰だと思ってるのかしら。

で、話を終わらせたつもりなのか
自分の部屋に戻ろうとしたわけですよ。おいおい?
まだ話は終わってねーよ?

「じゃあわかった。言っとくけどさ・・ちゃんと洗わないと
 泌尿器科に行ってね、診てもらわなくちゃいけなくなるから」
「うそ!病院行って何するの?」
「さあ?ちんちん丸出しにして診てもらうんじゃない?」
「え~?そんなのイヤだ!痛い?」
「お母さんには付いてないからわかんねーよ!
  だからそうなる前に気をつけろって言ってんの!」

「病院には・・・行きたくない・・・」(半泣き)
「っつーかさー、ちょっと見してみ?」ヾ(ーー )ォィ 
「え?ヤダよ!!」
「ヤダじゃねーよ!」・・・Σ┌| ゚o゚|┘ハッ

ここまでは、本気で見る気満々だったんですが
キクチ重大なことに気づいてしまったんです。

6年生男子の、正常な状態のちんちんってどんなだ?

そんなの、見たことも聞いたこともありません。
それがわからなければ、見てもしょうがないわけです。

「わかった。じゃー夜、お父さんに見てもらって」
「えー?」
「えー?じゃねえ!なら今ここで!速やかに見してみろ!」
「・・・わかったよ・・お父さんに見てもらうから」
「ぶっちゃけ見てもお母さんにはわかんないからさー・・
    まーでも、とりあえず一生モンだから大事にしとけ?」

夜、久しぶりに一緒にお風呂に入って
お父さんに確認してもらった模様。

ダンナ「そんなに心配しなくても普通だと思うよ」
息子「お母さん!オレの、普通だって!」

・・・・・・・・ふ~ん・・普通なんだー・・・
そりゃ良かった・・・良かったけどもさ


だから!
アタシには!
その普通がどんなかわかんねーんだよっっ!!

スポンサーサイト
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。