sakebara~酒と薔薇の日々~

sakebara~酒と薔薇の日々~

何だかもうホントにすいません。
こんなヤツですが。

キクチ。

Author:キクチ。
別名:
マリーだったり
西園寺薫子だったり
くんこだったり

最近、書いたこと。
暦。

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

愛の言の葉。
ほぼ、意味ナシ。

一応カテゴリーらしい。

過去を振り返る。
繋がってます。
キャラクタ共有委員会。

オトモダチ。

オトモダチページへGO!

ウチの子。


ぺそぎん。
あわせて読むといい。

あわせて読みたいブログパーツ

優しさ感満載。

お世話になってます。

ネットサーフィンの鉄人


RSSフィード
Contador

------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20080129 Tue
お母さんのせいかもしれないね・・・すまんっ! 

お母さんのせいかもしれないね・・・すまんっ! 

我家は一応、ナンバーディスプレイにしてるんですが

かかってきた電話は取る習性があるので

見慣れない番号でも、とりあえず出てしまうんです。

出ないと、負けたような気がして。(負けず嫌い?)

0120や、末尾が11だったりしたら鉄板で勧誘なんですが

何故か出てしまう不思議。(どうでもいいことには負けず嫌い)

しかしながら

そんな電話が夕方、6時半過ぎにかかってきたら大変です。

いつも思うんですが、その時間、主婦って忙しくないんですかね?

豚肉に衣をつけてたり

餃子の皮を巻き巻きしてたり

ジャガイモの芽を取ったり

大根をかつら剝きしたり

ブログ書いてたり書いてたり書いてたり・・・・・・・・・

何しろキクチは、家事の合間にブログ・・・ではなく

ブログの合間に家事をモットーに生きてるんで

すっげー忙しいんだよっっ!!大騒ぎだよっ!!

そんなときに

化粧品とか健康食品とか着物とかマンションとか・・・・・・

聞いてられっか!ってハナシじゃないですか。そうでもない?

中でも、一番許せないのが「学習関係」の勧誘。

「お宅のカイ君は今、5年生ですよね?」って

・・・何で知ってんのさ?

そんで、いろいろお話が始まっちゃうわけですよ。

すんばらしい家庭学習の方法とか

すんばらしい中学受験対策のテキスト紹介とか。

「今のお勉強方法で良いと思ってますか?」だの

「私立中学受験は考えていませんか?」だの。

うっせーよ!キィィ─└|*`Å´|┘─ィィィ!!!と言いたいところですが

「ウチは受験は考えてませんから」ってね!

オトナですから?グっと抑えて丁重にお断り申し上げ・・・

「でもね、お母さん・・」


はああ?????


アンタのようなおばさんに

お母さんと呼ばれる筋合いは無いわ~~~~!!と

一瞬、娘の彼氏が結婚の許しを貰いに来たときの

親父風味を醸し出してしまいましたキクチです、こんばんは。


その後、スピーカーフォンに切り替え

ジャージャーと、通常より倍の音をさせながら炒め物をしてたら

ありがたいお話は終わった模様です。電話、切れてーら。

もし、テレアポのお仕事をされてる方がコレを読んでくださってたら

今後のためにひと言、申し上げたい。

夕飯時は、やめとけ。


で、おばさんオススメ(?)の中学受験。

そりゃあね、考えないことはなかったですよ。

一時期、いじめとかあったし

同じ中学に通わせるのは嫌だな・・と。

ちょうどその頃、塾の先生が

「中学は受験する方向で考えたらいかがですか?」と言い出して

千葉市内で、かなりレベルの高い私立中のパンフをくれたりしたんです。

もちろん・・・行ければいいとは思います。思いますけど・・・

息子が通ってる塾は、小学校の近くなんで

ランドセル背負ったまま学校帰りに行くんですよ。

いつだったか、塾の授業中、他の友達にいたずらされて

返却されたテストをカバンから出されちゃったらしいんです。

・・・・・・えらいこっちゃな点数の、算数のテストを

・・・・・・塾の先生に見られたわけです。

「先生が『なんてことなの~~~??!!』って言ってた~~!」って

笑うなオマエがっ!il||li _| ̄|〇 il||li

その後、先生から受験の話は一切出ません。あたりめーだ。

そして私も、気づかない振りをしてたんですが

先日、公文の申し子を誇るダンナに教わりながら苦悶している姿を見て

どーにもこーにも頭が悪いということを

母親の血を、受け継ぎまくってる事実を

確認せざるを得ませんでした。涙を禁じえませんでした。

私立中どころか、公立中学、入れてもらえんのか?って勢い。

・・・・・・・・・悲しみが止まりません。

まあ、我家から一番近い私立中でもバスと電車で一時間はかかります。

学区の公立中学は、徒歩3分。すぐそこ。窓から見える近さ。

わざわざ、他に行く必要があるでしょうか・・・いや、無い。(負け惜しみ)

それにさ・・・

私立中学ってば、給食無いじゃん!お弁当じゃん!!!

・・・・・・・・・イヤだよアタシ。

父親は、受験は高校からでいいという考えです。

母親は、お弁当作りは高校からでいいという考えです。

・・・ってゆーか、高校から寮生活でもOKという希望です。

本人は、頭が悪いです。

と、いうことで、中学受験は無しの方向で決定。

っつーか、受験する?などと、考える方がどうかしています。

『人間は、能力に合ったところで生た方が楽』

我家の家訓第26条に付け加えました。

ふーやれやれ。

スポンサーサイト
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。