sakebara~酒と薔薇の日々~

sakebara~酒と薔薇の日々~

何だかもうホントにすいません。
こんなヤツですが。

キクチ。

Author:キクチ。
別名:
マリーだったり
西園寺薫子だったり
くんこだったり

最近、書いたこと。
暦。

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

愛の言の葉。
ほぼ、意味ナシ。

一応カテゴリーらしい。

過去を振り返る。
繋がってます。
キャラクタ共有委員会。

オトモダチ。

オトモダチページへGO!

ウチの子。


ぺそぎん。
あわせて読むといい。

あわせて読みたいブログパーツ

優しさ感満載。

お世話になってます。

ネットサーフィンの鉄人


RSSフィード
Contador

------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20070314 Wed
・3/14 そろそろ闘う準備を始めねばならない。    

・3/14 そろそろ闘う準備を始めねばならない。    


『風さそふ 花よりもなほ 我はまた 春の名残を いかにとやせん』

コレは、忠臣蔵の浅野内匠頭長距(あさのたくみのかみながのり)の辞世の句です。
実はキクチ、忠臣蔵オタクでもありましてね。

もう大好き。

この句の意味は
「風に吹かれて散ってしまう桜の花びらも名残惜しいものだが
もっと強い名残惜しさを私は残している。この自分の想いをどうしたらいいのだろう」
だそーだ。

キクチにとって12月14日は、南極の日でも麺の日でもなく討ち入りの日です。
そして3月14日はホワイトデーでも数学の日でもなく
江戸城松の御廊下での刃傷。赤穂事件の日なのです。

『あら楽し 思ひは晴るる 身は捨つる 浮き世の月に かかる雲なし』

(討ち入りを果たして)この体は捨てる(死ぬことになった)けれども
念願は果たせ、思い残すことは無く、とてもいい気分だ
この世に思い残すことは無い(心に迷いは無い)

これは、かの大石内蔵助の辞世の句。

討ち入りはしないけど、こんな気持ちで死にたいとキクチもココロから思います。

はい、プチ忠臣蔵講座でした。講師のキクチです、こんばんは。


そんな赤穂浪士に想いを馳せる今日
キャスリーンと、映画『ナイト・ミュージアム』の前売りを買いに行ってまいりました。
テレビでCMを観た息子が行きたいと言うので、春休みに妹母子と行く予定です。楽しみ。

もちろん歩きましたとも千葉の街まで!
・・・寒かった・・・今日は寒かった!しかも向かい風。
姉妹して、何かの修行のようでした。何があたしたちをそこまでさせるんでしょう。

この情熱が、1ミリたりとも掃除に生かされない不思議。

途中で、がっつりランチ食べた後も歩く歩く。
しかも、寒いから常に小走り状態。
妹を風除けにしたりして、全然知らない人が見たら
「何やってんだあの二人?」って感じだったんじゃないかと思われます。

で、前売りを無事に購入してから
今まで気になってたけど車だとなかなか行けない漢方薬のお店にも行って来ました。

実は息子の花粉症がひどくて、鼻と目はもちろん、耳の中まで痒いって・・・超絶ヤバいじゃん。
昨日、かかりつけの病院でアレルギーのクスリをもらってきたんですがね・・・セレスタミン。
あんまし・・・評判のよろしくない代物なんです。
長期間は服まない方がいいよ、みたいな。特に子供はね、みたいな。

息子、アレルギーとはおそらく一生付き合っていくものと思われるので
長期間どころの騒ぎじゃないってハナシ。
なので、ここはひとつ漢方のお世話になってみるのもいいんじゃないかと思ったわけです。母として。

で、行ってみました。
知らなかったんですけど、そこのお店、花粉症のクスリの試飲ができるんですよ!
しかも店内の張り紙にはこう書いてある。『花粉症に即効です』

服んでみるしかないでしょうコレはっっ!!

まずは自分が試してみようと。
実はキクチも、そろそろ症状が出てきちゃったんですよ。
魔のヒノキ花粉に備えなくてはならない時期なんで
軽く問診した後で試飲させてもらいました。

・・・・・・息子はたぶん、服めたもんじゃねえ。吐くな。

漢方薬って、全部同じ味がすると思う。

でも、体質改善のクスリは1週間2週間程度じゃダメなんですよね。
漢方薬って、3ヶ月目から効き目が現れるって言うじゃないですか。

・・・待てねえ。
・・・っつか、そんなカネどこにも無え。

しかしながら、せっかく来たのでとりあえず2日分を購入してまいりました。
気のせいかもしんないけど、帰り道、鼻も目も痒くなかったんだよね・・・気のせい?
まあ、クスリを服み慣れてないからだろうけど、何だか効く気がしました。単純。
夜になった今も痒くありません。もしかして効いてる?

信じる者は救われるかもしれないので、ちょっと信じてみようかと思っています。

4月中旬頃、石でも詰めてんじゃないかと思うほどの鼻づまりと
それが悪化しての蓄膿症は毎年キクチを苦しめるんですよ。

・・・今年は違うことでいろいろ苦しんでるんで、できれば避けたい方向。

・・・確実にお腹の脂肪を減らす漢方薬があったら、いくらでも出す所存!!
と思ったのはのはここだけのハナシです。

スポンサーサイト
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。