sakebara~酒と薔薇の日々~

sakebara~酒と薔薇の日々~

何だかもうホントにすいません。
こんなヤツですが。

キクチ。

Author:キクチ。
別名:
マリーだったり
西園寺薫子だったり
くんこだったり

最近、書いたこと。
暦。

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

愛の言の葉。
ほぼ、意味ナシ。

一応カテゴリーらしい。

過去を振り返る。
繋がってます。
キャラクタ共有委員会。

オトモダチ。

オトモダチページへGO!

ウチの子。


ぺそぎん。
あわせて読むといい。

あわせて読みたいブログパーツ

優しさ感満載。

お世話になってます。

ネットサーフィンの鉄人


RSSフィード
Contador

------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20070302 Fri
・3/2 挫けたココロが戻るまでどれだけの時間がかかるだろう。 

・3/2 挫けたココロが戻るまでどれだけの時間がかかるだろう。 

ウチのダンナは、義父母の会社で働いています。
だから、家計を左右するのは大蔵省である
経理関係一切を手がける義母。

よそのおウチのダンナさんが毎月
どんくらい貰ってくんのかは知りませんが
まあ、たぶん年齢相応のお給料だとは思うんですよ。

キクチは宵越しのカネは持たない江戸っ子なんで
もちろん家計簿なんてつけてません。
とりあえずその日暮らしで12年やって参りました。

持ち物が全てブランド物の服やバッグだとか
ランチはホテルで優雅にとか
カリスマ美容師がおわしまする東京の美容室に行くとか
お買物は銀座か六本木とか

そんな生活はしとりません。

昨日、我家の家計についてダンナと話をしたんです。
お給料日だったし、ちょうどいい機会だと思って。

「このまま貯金を切り崩していく生活はヤバいので
             わたくし働いても良いでしょうか」

もちろん、言葉だけでは説得できないと思ったので
年収の収支、月収の収支を表にして
通帳も用意し資料は万全です。

毎月「これだけかかる」という
絶対支出を表にして提出したわけです。
食費生活費抜きで、既に収支ばっちり合ってるヤツ。
あり得ねえ。

因みに、キクチが今まで連日ランチしたり
素っ頓狂な服を狂い買いしてたお金は
独身時代に貯めた貯金から出ていました。

何となく「人の金で遊ぶ」というのがイヤだったからです。
っつーか、ダンナの収入だけで
あんなに遊んでられませんって!

このノートパソコンや
人にタイトルを言えないいかがわしい本を買うのも
キクチ名義の通帳からの支出です。

結婚してから、間もなく12年が経とうとしていますが
限界。

・・・何千万もあったわけじゃありませんから。
そりゃ使えばなくなりますよ。

「アナタが一生懸命働いているのは重々承知ではあるが
  アタシの自由になるお金がどっからも出ないので
                 自分が遊ぶ分は稼ぎたい」

すんごい嫌な顔されたんですけど
この考えは間違っているんでしょうか。

「カイも5年生になるし
  週3回くらい短時間で働きたいと思うんだがどうだろう」
「・・・じゃあ、ウチの会社で働けばいいじゃん」

ε=ε=ε=ε=ヾ( ゚д゚)人( ゚д゚)ノ゙ キター

キクチはココんちに嫁に来て
義父母とも上手くやってるし義妹ともとても仲良しです。
世間から見れば、幸せなお嫁さんなんですよ。
自分でもそう思ってます。

しかしながら、会社経営に関しては
キクチが踏み入れてはならない領域なんです。
じゃなかったら、とっくにお声がかかってるって。
とっくに手伝ってるって。

「夫婦が同じ職場はよろしくない」というのが
経験を踏まえた上での義母の考えだということを
理解していたので、息子が幼稚園に上がった頃とか
小学校に上がった頃、義父に
「そろそろ帳面のつけ方(経理関係)でも覚えたら?」
とか言われても
「そーですよね~」などと流していたんです。

でも、向こうからお声がかからないってことは
キクチは要らないわけさ。

って、そう思っても不思議じゃないですよね。
それは別に、義母がキクチを嫌っていて
一緒に仕事したくないとかそんなレヴェルの話ではなく
今のところ上手くいってる嫁姑関係に
仕事を絡めたくないと。
従業員の方々も、たまに顔を出すから
「若奥さん」って立ててくれるけど
これが毎日、同じ職場に居るようになったらヤでしょ。
お互いに気ぃ遣うしさ。

でも、ダンナにはそーゆうのがわかんない。
単純に思ってるんです。
「自分の母親と嫁は仲がいいから大丈夫だろう」
「従業員にも嫁は受け入れてもらってる」ってね。
だからきっと父母は賛成してくれるだろう・・・と
信じているんですよ彼は。

「とにかく親父とお袋に相談するからまだ動かないで」
とクギを刺されまして。
まあ、明日から働く!とは思っていなかったので
了解したんです。


・・・・・・その後、昨日の夕方までに
いろいろありました。
詳しい話は長くなるから省略しますが
キクチは大変傷ついています。


どうやらアタシね
実家の母を援助してると思われてるらしい。
(だからお金が無いと)
家の遺産とか会社の権利とかを当てにしてると
思われてるらしいです。(だから一緒に働きたいと)

衝撃の事実!
晴天の霹靂とはまさにこのこと!!

キクチ、確かに腹黒い女ですけどお金のことに関しては
一点の曇りもありませんよ。
はばかりながら、遺産を当てにしようなんて思ったこと
ただの一回もありません。
会社が潰れなければOK!くらいは思ってますが
経営に参加してどーのこーのなんて
思いも至りませんでしたよ。

義母に言われました。

「十分に渡しているはずなのに足りないってことは
  貴女が使ってるんじゃないかって考えちゃうわよね」

・・・はい?

「自分が外に出て社会の空気に触れたいなら
   働くことは大賛成よ。
       でも、このことはお母さんにも話をするから」

・・・あいや待たれい!
何故そこに母が出てくる?
親に連絡なんて、アタシ万引きした高校生ですか?

母に何を話すのか予想もつきません。
まあ、お金のことに関しては問題無しだから
母にどう話そうが知ったこっちゃありませんが。

「ふらふら遊んでるからお金が無いのよ」
と言われたら腹立つけど
「それは自分のお金です!って言い返せるから
気持ち的には楽だった思うのね。

こんな展開は想定外。

お義母さんと仲良くやってるとか
うまくいってると思ってたのはキクチだけだったんだね。
娘のように信頼して欲しいとは思ってなかったけど
そんなさ、お金絡みのことで疑われてるとは思わなかったよ。


悔しかったです、すごく。

そんなふうに相当凹んでたらダンナが帰って来たんです。

「自社パートは却下」
昼間、いろいろあったことは言いませんでした。
もうその気力も無え。

「じゃあ、よそで探してみるね」
わめき散らしたい衝動を抑えて言ったキクチ。
偉いじゃないですか。オトナ。
そしたら、うち以外で働くのはまかりならんと言うんですよ。
夏休みとか冬休みとか春休みとか
息子を一人で留守番させるのはいかがなものかと。

ねえ、もう5年生なんだよ?週3回くらいダメなの?
世間的に変なことなの?アタシが非常識なの?

「だって、ランチしたり本を買うお金欲しいもん」
「それは、ボーナス分から出せばいいでしょ」

だ~か~ら~!!
びくびくしながら人のお金使うのが嫌だっつってんの!
無駄遣いして、余計なこと言われたくねーの!

この際、お金が無いからじゃなくて
外に出たいからって理由ならOK?と思い言ってみたんです。

「でもさ~・・・もう飽きちゃったんだよね、家にいるのも」
ちょっと声は震えていたかもしれません。怒りで。

「それなら習い事とかしたら?
          スポーツジムとか通えばいいじゃん」

・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・

本気で死ねばいいと思いました。

要は、俺の金で遊べないなら家に居ろと。
アタシに、じっとしてろと。

・・・この虚脱感。

昨日は9時に寝ました。フテ寝じゃなくて
胃が痛くて起きてられませんでした。(繊細)
今日は、朝っぱら一時間半歩いてきましたが
昨日のことを途中で思い出すと
余りに情けなくて、泣けてきちゃいましたよ。(ガラスハート)


今日の夜はね、一緒にゴハン食べに行くんだってさ。
さっきカイが言ってました。
朝、おばあちゃんと約束したらしい。

ぶっ飛ばしてもいいですかね。

気まづいことがあっても
遠くに住んでれば時間が解決することもあるけど
ダンナの実家が近くて、家業を一緒にやっているとなれば
そうもいかないことは重々承知。

何事も無かったように
笑顔で接して来ようと思います。(女優)

・・・不幸のカタチは人それぞれ。

スポンサーサイト
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。